ドメーヌ アルローペールエフィスジュブレシャンベルタン ジュスティス 2002 赤字超特価,限定SALE

ドメーヌ アルローペールエフィスジュブレシャンベルタン ジュスティス 2002 赤字超特価,限定SALE
現在27歳のCyprienがドメーヌに戻ってきて最初に手を付けた畑がこの畑。ジャスティスの畑はジュブレ・シャンベルタンの町から、47号線から西側に広がり鉄道線路まで。南北は隣村のフィサンとの境から南側にかなり広い範囲に広がっています。地図で見るとかなりだだっ広いところですが、その昔はここが、村からつれてこられた犯罪人の絞首刑の場所だったようです。丁度お江戸の小塚っ原と言う感じでしょうか?少し不気味ではありますが、ワインの方が美味しければ全然そんなことは気になりません。

いつもこのワインは濃い色です。2001年ヴィンテージの感想は「オーブンの中のフルーツケーキのような、ちょっと濃いめの果実味に、軽くスパイスで化粧した、と言うところですね。軽い甘さと整ったタンニンは口の中で粘りを見せ、暖かさと厚みを感じることができます。それぞれが自然なところはアルローらしいワインですが、村名クラスのワインとしては頭一つ抜け出ている感じ?かな。(2003.08.26いのまた)」といった感じでしたが・・・・。

こちらの「ジュスティス」NBIのレポートにはリストアップされていないですね。インポータさんの話ではこちらのワインは2001年同様NBIのバレル・セレクションではないとのことです。まずはこちらをご覧ください。同じくバーガウンド.comのレポートです。

 Burguhound.com・・・・Issues13(1st Quarter,2004)
 「This is really quite elegant for a simple Gevrey villages with earthy yet pretty fruit aromas and bigger, firmer, punchier flavors and noticeable finishing rusticity yet there is also a good deal more complexity. A solid effort that should reward 5+ years or so of cellar time. (86-88)/2007-12

同じジュブレの村から作られた「ロンスヴィ」に比べると・・・?ほんの気持ちこちらの方が赤っぽいですが、色合いはむしろ薄いかな?まず香りの印象から行くと、こちらの方が断然果実味が感じられます。しかも酸がしっかりしていそう。じわっときそうなハーブの印象や土っぽいミネラル感はあまりでていません。味わいもしっかりこの香りの延長にあります。

やはりブラックベリーやダークチェリー系の果実味ですが熟しているとともにしっかりと若々しさが残っています。酸味と果実本来の味わいがぴったりとシンクロしているんですね。まずはこれまでになくエレガントな「ジュスティス」といったところ。タンニンもACブルより幾分なめらか。ミネラル感も土よりは砂っぽさ、乾いた感じが強調されています。2001年に見られた「ほんわりとした甘さ」も少なく、何かいつの間にか「大人になっちゃった」感じですね。

表面的なところを追いかけていくと、こんな感じのコメントですが、じわっとくる旨味の凝縮感はどこか自然派の作りににています。まだ幾分堅さも残っているので少し寝かせてあげた方がいいですね。今でもしみじみできますが、もっとしみじみできるでしょう。(2004.09.07 いのまた)
R・パーカーは「講談社版 厳正評価・世界のワイン」のなかでドメーヌ・アルローを評して以下のように語っています。
「ドメーヌ・アルローは、ワイン・ジャーナリズムの注目を浴びることは滅多にない。その理由は、主として、ここのワインが退屈で露骨に商業的だからである。しかしながら、ノース・バークレー・インポーツ社のピーター・ヴェザンとデヴィッド・ヒンクルの尽力によって、このブドウ園は今では素晴らしいワインを生産している。ただし、読者がこれらのワインを購入するときは、十分注意しなくてはならない。この評価はノース・バークレー・インポーツ社のために特別に作られたキュベに対する物で、それ以外の輸入業社のボトルはこれと同じワインではない。

 ウルヴェ・アルローが素直にこう指摘した。「ノース・バークレーのキュベはうちのワイン(ノーマルキュベ)の100倍も良質だよ」と。ではどこがちが違うのだろうか?アルローのレギュラーキュベは清澄処理と濾過処理を行うし、新樽は最大でも10%しか使われていない。一方、ノース・バークレー・インポーツ社のキュベは、清澄も濾過もされずたっぷり使われる新樽の中で熟成され、まるで博物館に眠っているようなブドウ栽培者の技術を拝借してきたかのようなちょっとした工夫を用いて、手作業でビン詰めしている。アルローの栄誉は、1.ヴェザンとヒンクルに触発された技術に挑戦する勇気をを持っていたこと。2.レギュラー・キュベと特別なキュベの間に品質上の途方もない差があることを正直に認めていること、に対して与えられるべきであろう」
なにやら、よくわからないほめ方ですが、ワインの方は「バレル・セレクション」の名に恥じない品質の高い物。ただalar的には1999年の物まで「今ひとつ」と感じていたので、あまり積極的な扱いはしていませんでした。しかしながら、2000年を試飲しては「やはり、頭ひとつ抜けたね~」と言う好印象。そこで2000年ヴィンテージより本格的にアルローのワインをご紹介しています。

2000年ヴィンテージよりワイン造りは息子さんのシプリアン(Cyprien)にバトンタッチされ、果実味がより豊かで尚かつエレガントさに磨きが掛かってきました。彼はいろいろなところでのスタジエ(ワイン造りの助手)をへて、ドメーヌに戻ってきました。早速グリーン・ハーベスト(実の熟す前に摘果してしまうこと)を積極的に行ったり、果実の実った段階であまり良くない樹を畑から抜いて果実の品質を安定させるなど、質の高いワイン造りに積極的に取り組んでいるようです。ラベルも「かっこよく」なり(この辺が今回改めてご紹介する最大の理由?)ほんの少し前のラベルの物より高級に見える様になりました。(下の写真は左がお父さんのウルヴェ・アルロー、右が2000年から醸造責任者となった息子さんのシプリアンです。)
アルローのワインを本格的に扱い始めて早4年目。何とか2003年ヴィンテージが入荷しました。今回からインポーターがヴィノラムさんに変わっています。これまで扱っていたNBI向けバレル・セレクションの物と異なるのかな?と言っても較べようがないのですが・・・まずは何本か飲んでみたいと思います。

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 セール,新品

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 セール,新品

ヴィルジル・リニエモレ・サン=ドニ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002 驚きの破格値,格安

ヴィルジル・リニエモレ・サン=ドニ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002 驚きの破格値,格安

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 得価,新品

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 得価,新品

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 お買い得,大人気

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 お買い得,大人気

ヴィルジル・リニエモレ・サン=ドニ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002 送料無料,限定SALE

ヴィルジル・リニエモレ・サン=ドニ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002 送料無料,限定SALE

ドメーヌ アルローペールエフィスシャンボールミュジニィー 2003 新作登場,人気

ドメーヌ アルローペールエフィスシャンボールミュジニィー 2003 新作登場,人気

ドメーヌ アルローペールエフィスボンヌマール GrandCru2003 全国無料,新作登場

ドメーヌ アルローペールエフィスボンヌマール GrandCru2003 全国無料,新作登場

ヴィルジル・リニエモレ・サン=ドニ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002 激安大特価,安い

ヴィルジル・リニエモレ・サン=ドニ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002 激安大特価,安い

ドメーヌ アルローペールエフィスクロサンドニ GrandCru2003 SALE,定番人気

ドメーヌ アルローペールエフィスクロサンドニ GrandCru2003 SALE,定番人気

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 セール,限定セール

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 セール,限定セール

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 数量限定,限定セール

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 数量限定,限定セール

ドメーヌ アルローペールエフィスクロデラロッシュ GrandCru2002 限定SALE,お買い得

ドメーヌ アルローペールエフィスクロデラロッシュ GrandCru2002 限定SALE,お買い得