ドメーヌ アルローペールエフィスクロデラロッシュ GrandCru2002 限定SALE,お買い得

ドメーヌ アルローペールエフィスクロデラロッシュ GrandCru2002 限定SALE,お買い得
こちらも2002年で復活しました。クロ・デ・ラロッシュです。ただラベルにはNBIの「キュベ・ユニーク」が記載されていません。おそらく「セレクションするだけの生産量が無い」のではと思います。バーガウンド・ドットコムのアラン・メドウ氏も89-92pointsと高く評価しています。

 Burguhound.com・・・・Issues13(1st Quarter,2004)
 「from a .36 ha parcel - 75% from 25 year old vines and the remainder from 40 year old vines. This too displays discreet oak spice that mixes with smoky, earthy, slightly gamy flavors that are silky and utterly delicious. The finish is long, complex and serious. (89-92)/2008-15

 NBI Archives・・・・November,2003
 「Allen Meadows says "Clos de la Roche is quite likely the finest Grand Cru in Morey today. . .some would even argue that it's producing some of the finest wines in all of Burgundy, no matter what the commune." Once again, the Burghound is spot-on. This one has intense fresh and dried red roses in the nose, and a very fresh and lively texture on the palate. Cinnamon, spice, and still more flowers permeate this wine. Knock. Dead. Gorgeous. This NBI exclusive is easily the best Arlaud Clos de la Roche EVER.

2002年はドメーヌにいくつか変化がありました。そんなことをここに書き留めておきます。
   ■モレ・サン・ドニの新しく完成したセラーでワインは仕込まれ、新しいワイン造りの環境がすべて整った年。新しいセラーの冷涼な環境は、収穫の翌年2003年の8月まででようやく完了するという長期にわたるマロラクティック発酵をもたらすことに成功した。
   ■2002年の気候は果実の成熟に最適な環境をもたらし、特に九月の涼しい北風は完璧なタンニンの生成と酸とのバランスを達成することができた。この結果はアルローのドメーヌにとってここ数年で最良の物となった。
   ■シプリアンはここ数年間畑をビオロジックに切り替え、低い収量を維持してきたが、さらにこの年は無核成果(Millerandage:種ができずにブドウの果実が小さい物となり結果的に糖分の高い果実が得られる)が多く、さらに品質の向上の要因が見られる。
R・パーカーは「講談社版 厳正評価・世界のワイン」のなかでドメーヌ・アルローを評して以下のように語っています。
「ドメーヌ・アルローは、ワイン・ジャーナリズムの注目を浴びることは滅多にない。その理由は、主として、ここのワインが退屈で露骨に商業的だからである。しかしながら、ノース・バークレー・インポーツ社のピーター・ヴェザンとデヴィッド・ヒンクルの尽力によって、このブドウ園は今では素晴らしいワインを生産している。ただし、読者がこれらのワインを購入するときは、十分注意しなくてはならない。この評価はノース・バークレー・インポーツ社のために特別に作られたキュベに対する物で、それ以外の輸入業社のボトルはこれと同じワインではない。

 ウルヴェ・アルローが素直にこう指摘した。「ノース・バークレーのキュベはうちのワイン(ノーマルキュベ)の100倍も良質だよ」と。ではどこがちが違うのだろうか?アルローのレギュラーキュベは清澄処理と濾過処理を行うし、新樽は最大でも10%しか使われていない。一方、ノース・バークレー・インポーツ社のキュベは、清澄も濾過もされずたっぷり使われる新樽の中で熟成され、まるで博物館に眠っているようなブドウ栽培者の技術を拝借してきたかのようなちょっとした工夫を用いて、手作業でビン詰めしている。アルローの栄誉は、1.ヴェザンとヒンクルに触発された技術に挑戦する勇気をを持っていたこと。2.レギュラー・キュベと特別なキュベの間に品質上の途方もない差があることを正直に認めていること、に対して与えられるべきであろう」
なにやら、よくわからないほめ方ですが、ワインの方は「バレル・セレクション」の名に恥じない品質の高い物。ただalar的には1999年の物まで「今ひとつ」と感じていたので、あまり積極的な扱いはしていませんでした。しかしながら、2000年を試飲しては「やはり、頭ひとつ抜けたね~」と言う好印象。そこで2000年ヴィンテージより本格的にアルローのワインをご紹介しています。

2000年ヴィンテージよりワイン造りは息子さんのシプリアン(Cyprien)にバトンタッチされ、果実味がより豊かで尚かつエレガントさに磨きが掛かってきました。彼はいろいろなところでのスタジエ(ワイン造りの助手)をへて、ドメーヌに戻ってきました。早速グリーン・ハーベスト(実の熟す前に摘果してしまうこと)を積極的に行ったり、果実の実った段階であまり良くない樹を畑から抜いて果実の品質を安定させるなど、質の高いワイン造りに積極的に取り組んでいるようです。ラベルも「かっこよく」なり(この辺が今回改めてご紹介する最大の理由?)ほんの少し前のラベルの物より高級に見える様になりました。(下の写真は左がお父さんのウルヴェ・アルロー、右が2000年から醸造責任者となった息子さんのシプリアンです。)
アルローのワインを本格的に扱い始めて早4年目。何とか2003年ヴィンテージが入荷しました。今回からインポーターがヴィノラムさんに変わっています。これまで扱っていたNBI向けバレル・セレクションの物と異なるのかな?と言っても較べようがないのですが・・・まずは何本か飲んでみたいと思います。

ドメーヌ アルローペールエフィスシャルムシャンベルタン GrandCru2003 人気SALE,セール

ドメーヌ アルローペールエフィスシャルムシャンベルタン GrandCru2003 人気SALE,セール

レミ・ジャニアールモレ・サン=ドニ 2004 大人気,限定SALE

レミ・ジャニアールモレ・サン=ドニ 2004 大人気,限定SALE

ドメーヌ アルローペールエフィスジュブレシャンベルタン 1erCru オーコンボット2002 新作,格安

ドメーヌ アルローペールエフィスジュブレシャンベルタン 1erCru オーコンボット2002 新作,格安

リュシーetオーギュストリニエACブルゴーニュ ルージュ 2005 HOT,新作

リュシーetオーギュストリニエACブルゴーニュ ルージュ 2005 HOT,新作

ティボー・リジェ=ベレールブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ルージュ クロ・デュ・プリュール 2004 大人気,人気SALE

ティボー・リジェ=ベレールブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ルージュ クロ・デュ・プリュール 2004 大人気,人気SALE

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 赤字超特価,定番人気

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 赤字超特価,定番人気

ドメーヌ アルローペールエフィスモレサンドニ 1erCru オーシェゾー 2002 品質保証,低価

ドメーヌ アルローペールエフィスモレサンドニ 1erCru オーシェゾー 2002 品質保証,低価

ドメーヌ アルローペールエフィスクロデラロッシュ GrandCru2003 送料無料,新作

ドメーヌ アルローペールエフィスクロデラロッシュ GrandCru2003 送料無料,新作

ドメーヌ アルローペールエフィスモレサンドニ 1erCru レルショ 2003 セール,人気SALE

ドメーヌ アルローペールエフィスモレサンドニ 1erCru レルショ 2003 セール,人気SALE

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 大人気,高品質

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 大人気,高品質

ドメーヌ アルローペールエフィスモレサンドニ 1erCru レミランドゥ 2002 定番,新作

ドメーヌ アルローペールエフィスモレサンドニ 1erCru レミランドゥ 2002 定番,新作

リュシーetオーギュストリニエACブルゴーニュ ルージュ 2005 限定セール,新作登場

リュシーetオーギュストリニエACブルゴーニュ ルージュ 2005 限定セール,新作登場