アンティコブロイオコッリオリエンターリ カベルネ2004 本物保証,大人気

    きゅッと締まった果実味が、小悪魔的な魅力です。    ●どういう訳か1年飛ばして2004年ヴィンテージが入荷です。・・・・伝票見ながら、ギクッ!カベルネってカベルネ・フランだったのか・・・。てっきりカベルネ・ソーヴィニヨンと思ってい飲んでいた、以前のヴィンテージの恥ずかしいコメントをまず。(・・・でも、前のラベルはカベルネとしか書いてないですね。この04分はカベルネ・フラン、となっていますが・・・)・・・・・2002年物のコメントです。 ●なるほど写真で比べるとラベルの紙質が少し変わりました。トレードマークのお城?が光っています。ワイン名の印刷が白くなりました。・・これで少しは品違い、減るかな? ●気持ち01より線の細さを感じながらも、「上澄み」を飲むようなクリーンな響き。キュッと締まった酸味とプルーンやブッラックベリーの果実的甘さ。ドライで些細なタンニンも気持ちよく、片やピッツア・マルゲリータをほおぼりながら、ミラノ風仔牛のカツレツも食べたい!気持ちになるワインです。ボルドーやトスカナのカベルネ系飲んでもピッツアはあまり食べたくならないけれど・・・。(2005.02.08 いのまた) ・・・・・2001年物のコメントです ●気持芯に深さのある濃い紫の色調。フレッシュなカシスやダークチェリーの香り。甘さを連想させながらもやや皮やハーブを連想させる軽い香りも感じられます。口当たりは始め非常に軽く、口の中でフワ~と広がる果実味、そして良質なタンニンの苦みでフィニッシュを迎えます。まだまだ若くて張りがありますね。 ●香りにあるスミレやレンゲのような小さく赤い花の香りが印象的。スイートバジル風の甘さも程良く効いています。きめの細かい優しいタンニン。後味に残る凝縮された苦み。樽のニュアンスが最小限に抑えられていても、果実の熟し方が実に良く感じられ、味わいに独特の透明感と伸びやかさがありますね。やっぱりフランスのカベルネとは一味違います。(2004.01.02 いのまた)●で、改めて、カベルネ・フランのこのワイン飲んでみました。そー言われてみると、そ~だよな~。ロワールのフランのニュアンスが何となく感じられます(これも怪しいぞ~!)。・・・・己のテイスティング能力の乏しさはさておいて、己のオイシイワイン能力はオオイニそそられますね!2004年のアンティコ・ブロイオの中では最も果実味が充実したイメージ。幾分フレッシュなプラムとチェリーの果実味がしっかりとしています、それでいて中盤から後半の「しまり具合」が良い感じです。果実味優先のアフターも気持ちが良い!ミネラル感よりもストレートに果実味を楽しめるワインです。 ●果実をワインにする事によって得られる「凝縮感」とはまた異なった「果実そのもの凝縮感」が感じられます。そのためタンニンやミネラルも果実に備わったプリミティブな味わいそのもの・・・。飾り気が無く綺麗な印象です。前のヴィンテージのコメント眺めていると、スミレとかレンゲとかの小さな赤い花のイメージを綴っていますが、こうした基調にあるニュアンスは変わらないですね。良い感じだな・・・。(2006.01.10 いのまた) ●・・・で二日目。どちらかというとこれもしみじみ飲める「こたつ系」入っています。とは言っても、もう少しモダンな印象はたしか。自然な甘みを伴った赤い果実味の豊かさに加え、シルクタッチのしゃっきとしながら柔らかいタンニン。フランスの物より皮が薄いんですかね?タンニンの感触が何しろ細やかというか、繊細というか・・・ピノ・ノワールチックな触感があるかと思うと、南のシラーのような肉付きの良さも底の方からちらほらと・・・。ブルーベリーとサワークリームたっぷり乗せたサクサクのミルフィーユ、といったところかな(本当はもう少しさっぱりとした味わいですが、たとえが見つからない・・)。 ●しっかりと焼き上げたローストチキンにさらりとベリー系のフルーツソース。あるいはもも肉たっぷりを赤ワインでじっくり煮込んで・・・こんなところかな(全然違う系統だけど・・?2006.01.11 いのまた) ●・・・早、3日目です。昼頃までは良かったんですが・・・少し冷えてしまって、夜は「教科書どおりのカベルネ・フラン」です。ちょっと酢ぱっくなって、ピーマンの香りたっぷり。普通に2日間ぐらいで飲みきってしまう方が良さそうです。参考になりますでしょうか・・・。(2006.01.12 いのまた) アンティコブロイオコッリオリエンターリ カベルネ2004 本物保証,大人気

モンテベルナルディサエッタ 2000IGTトスカーナ 人気SALE,豊富な

20世紀最後の「サエッタ」です。 Serious, but still soft and supple is the medium-bodied 2000 Sa-Etta, a 100% Sangiovese aged primarily in new French oak. Made in an international style, its deep ruby/purple color is followed by sweet aromas of black currants, smoke, and vanilla. There is excellent concentration and fine purity. Drink it over the next 5-7 years. 89points モンテベルナルディサエッタ 2000IGTトスカーナ 人気SALE,豊富な

チャッチピッコロミーニタラゴーナDOCGブルネッロディモンタルチーノ ヴィーニャディピアヌロッソ 2001 人気定番,限定セール

●2001年のトスカナはやっぱりいいみたいです。まずは「こんなかんじ」と言うコメント見つけました。   「Ruby red verging towards garnet colour. The bouquet is characteristic with red berries accompanied by pleasant spicy notes. In the mouth this wine is warm and full bodied. The tannins are balanced, there is good acidity and great length. This elegant wine has good potential for further cellar ageing. Food pairings : Grilled meat, roasted meat, game and mature cheese.   ワインスペクテーターでは92点   「The Wine Spectator This is gorgeous with seductive cedar, tobacco, berry and Indian spices on the nose. Medium- to full-bodied, with fine tannins and a tobacco, coffee and berry aftertaste. Refined. Best after 2007. Score: 92. ―James Suckling, April 30, 2006.   ワインエンスージアストでは91点   「The Wine Enthusiast This wine boasts a very nice balance of enticing aromas such as cola, mint tea, basil leaf, chocolate and dried tobacco. Yet there was enough fruit and berry flavors to ensure a long cellar life. Plump and velvety in the mouth, with mouth cleansing freshness on the finish. A Marc de Grazia selection, various U.S. importers. Score: 91. April 01, 2006. ●ワインアドヴォケイトでは・・・・・まだ登場していません。・・・・かわりにalarが飲んでみました・・・・・幾分エッジにはえんじ色が入っています。色調は深くも透明感があります。香りには先ず・・・麩菓子のような焦げた甘さ、そしてチェリーのジャム、乾燥したサクラの木、スパイスボックス・・・香りからしてフルボディを予感させ、十分な熟成の可能性を指し示しています。(此処で、やっぱり開けなきゃ良かった、と・・・) ●口の中では意外に酸が感じられます。そして果実の甘さも品良く加わるかな?飲めば飲むほどに味に深みがましてきます。余韻はそれほど長くないのですが、中盤のしっかりとしたグリップが印象的ですね~。やはりもう3年から5年は寝かせないとね・・・。印象的にはあの97年に近い物があります。直近の2000年の物よりは確実に一回りサイズが大きい。97年とは質が異なり、この01年物の方がしっかりとしたフィネスを感じることができる。酸も豊かで幾分長く持つかな?98年の華やかさとはやはり趣を異にしている・・・・と、言っても類い希なる可能性が眠ったままですので、この先どんな風に変化していくかは、実に興味深い。これ、結構、最近のR・パーカーさん好みなんじゃないかな?インパクトの部分では97年物辺りに負けますが、じっくり楽しむならば・・・と言うことで94点!というのはどうでしょうか(2006.11.24 いのまた) チャッチピッコロミーニタラゴーナDOCGブルネッロディモンタルチーノ ヴィーニャディピアヌロッソ 2001 人気定番,限定セール

ヴォドピーヴェッチ ヴィトフスカ 2007VdTフリウリ=ヴェネツィアジュリア 2019,新品

●先日(2013年2月)、フランスの自然派ワインの生産者のサロン「ディー・ブティーユ」にて試飲してきました。進化したヴィトフスカ!久々にalarのラインアップに復活です。 ●改めて、ヴィトフスカ(Vitovska)ってどう?と言う事で調べてみたのですがどうやらプロセッコ(Prosecco Tondo)とマルヴァジア(Malvasia Bianca Lunga)の交配種ではないかとか・・・。いずれにしろスロヴェニア原産では無いかと言われスロヴェニアのクラスとかイタリアのフリウリ中心に土着品種として栽培され、現在ではイゾンツォやカルソで栽培が広がっているらしい・・・。基本的に石灰質好きな品種なんでしょうかね? ●そんなヴィトフスカ、こちらのヴォドピヴェッチとかラディコンとか飲んでいると酸のしっかりとした品種なのかなと思っていましたが、改めてこの2007年物を飲んでみると意外とニュートラル。熟成期間が長いのですが何となくシャルドネ的な要素を感じています。ただミネラル感の出方がもう少し柔らかくて尚かつ厚い・・・。 ●上等な銘柄豚のロースでしょうかね・・・そのまま焼いたり・・・豚カツならばにんにく醤油と大根おろし・・・そんな感じでおうちご飯にそっと寄り添ってくれそうな味わい。ツヨポンの窓辺/橙を濃くした感じというのはどうでしょうか?(2013.03.05 いのまた) ヴォドピーヴェッチ ヴィトフスカ 2007VdTフリウリ=ヴェネツィアジュリア 2019,新品

ミアーニソーヴィニヨン サウリント 2005 新作入荷,格安

●お一人様1セット限定にてお願いいたします。 ミアーニソーヴィニヨン サウリント 2005 新作入荷,格安

ダリオプリンチッチリッボラジャッラ IGTヴェネツィアジュリア2001 低価,大人気

●非常に香りのよいリッボラジャッラです。色はかなり濃いめ。黄金色のの一歩手前、やや褐色かかった色調を帯びています。プリンチッチのワインは赤ワイン同様につぶしたブドウを皮と一緒に発酵させますが、他のワインはこの期間が1週間ほどであるのに対し、リッボラだけは2週間、そのまま果汁と果皮とが接触した状態で仕込まれています。 ●そのため果皮からの色素もより強く出て、開放槽による発酵時点での酸化も進み、このような色調になるのでしょうか?ラディコンやグラブナーですともう少し赤っぽさがあるのですが・・。樽の甘さの影響もあるのですが香りに果実味、熟しすぎたリンゴや桃、のつまり方がとんでもなくあります。その一方で気持ち柔らかめのミネラルをたっぷり持っているので、しっかりとしたバランスがとれています。 ●おそらくこのワイン、ロワールの上等なシュナン・ブラン同様にレベルの高い熟成能力を持っている感じがします。その一方で、グラスに注ぐと急速に酸がフラットになる傾向も感じられます。ちょっとおもしろいですね。 ●食事と楽しむならば、やっぱりここは豚肉かな?余韻のなかに複雑な旨味も十分兼ね備えているので、トンポーロー?豚角煮?などはどうでしょう?やっぱりリッボラはどことなくアジアンテイスト、です。(2004.08.30 いのまた) ダリオプリンチッチリッボラジャッラ IGTヴェネツィアジュリア2001 低価,大人気

ジュゼッペクインタレッリヴァルポリツェラ スペリオーレ 1996DOC ヴェネト 新品,大得価

●こちらのワインは手が込んでいます。ブドウは収穫後すぐにプレスされ、3~4日間のマセラシオン後、天然酵母による発酵が始まり7~8日間続きます。樽で「リパッソ」の時期まで休ませますが、その間2~3回の清澄をしています。「リパッソ」とはアマローネを樽に移す際、その絞りかすにあらかじめ発酵を終えたヴァルポリツェラを加える技法で、その後自然と第2次アルコール発酵が始まります。そして、通常春になると始まるマロラクティック発酵へと続きます。 これによりワインに高度な複雑さ色調そして骨格が加わることとなり、スロヴェニア・オークの大樽の中で6年掛けて熟成させて初めて完成となります。 ●合田さんのレポートの中で「どうしたら良いワインが作れるか」と言う質問にジョゼッペ・クインタレッリは次のように答えています。  「まず必要不可欠なのは良い畑です。其れと並んで欠かせないのが良いブドウの樹と低い収量   優れた労働力、大いなる情熱、そして様々な熟成段階を待ち続けられる無限の忍耐力です」 此のワイン、まさしく彼の忍耐力のたまものと言えるワインですね? ●96年のヴァルポリツェラは、全体的に不作のため、本来はアマローネとなるキュベもこちらのヴァルポリツェラのほうに混ぜています。その為原料となるブドウの糖度は上がり、品質は例年になく良い仕上がりです(アルコール分は14%まで来ています)。合わせてお値段も上がってしまいました(一応希望小売価格は10000円までいっています)。また輸入量も限りがあるので・・・お早めに。 ジュゼッペクインタレッリヴァルポリツェラ スペリオーレ 1996DOC ヴェネト 新品,大得価

ドメニコクレリコアルテ 2001DOCランゲ 正規品,得価

●ドメニコ・クレリコの名前を一躍有名にしたのが1983年に初めてリリースされたこの「アルテ」ネッヴィオーロ90%、バルベーラとカベルネ・ソーヴィニオン10%から作られ新樽100%できています。クレリコは此のワインを「当時は国内でバローロ離れが進んでいて、バローロをモデファイした方がよいと思った。まず人目を引く必要があるからアルテを作ったのだけど、本当は100%が良いに決まっている・・・。」(「美術出版社 季刊ワイナートNo.8  2000年秋号」より)と語っていますが、言葉とは裏腹に常に高い評価を受けているワインでもあります。印象的なラベルとシャープで力強い味わいはいつ飲んでも記憶に残ります。(このラベルは何処かの美術館に展示されています。ニューヨークのメトロポリタンだったっかな?) ●alarには久しぶりの入荷です。そこで試飲も久しぶりに・・やっぱりオイシイですね。最初は少し堅めの雰囲気ですがネッビオーロらしいスミレの香りや赤い果実の果実味が正しく「凝縮」されています。ミネラル分がはっきりとしてる為非常に輪郭が際立ち、彫りの深い端正なたたずまいを見せてくれます。バローロ的と言うよりももっとフランス的な厚みかな?ワインそのものに個性の光る一本ですね。 ドメニコクレリコアルテ 2001DOCランゲ 正規品,得価

ミアーニソーヴィニヨン サウリント 2005 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

●お一人様1セット限定にてお願いいたします。 ミアーニソーヴィニヨン サウリント 2005 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

A.A.バルバカルロ リーノ・マーガ IGTプロヴィンキア・ディ・パヴィア ロッソ バルバカルロ 2003 最新作,爆買い

●2003年の暑さというのはヨーロッパで見れば何処も同じのようで・・・こちらのバルバカルロも結果的な残糖分が高く、オルトレポーのDOCがとれずIGT 規格となっております。それでもイタリアワインガイドの権威とも言えるルイジ・ヴェロネッリから感銘を受けたワインとして与えられる「ソーレ:太陽」の印をもらった数少ないワインひとつ(2005年版のヴェロネッリ・ガイド)。 ●そのヴェロネッリのコメントは「リーノ・マーガは、自分の土地を我が子のように愛し、地理的特性と作り手が絶妙に調和したワイン作りをしている。バルバカルロは個性的で、驚くべき潜在能力を秘めている。もし欠点がみられるとしても、それは作りでカバーできない、どうしようもない条件に起因するものだ。リーノ自身の言葉を引用しよう。『バルバカルロは、いつものように、5月の17~18日に瓶詰めし、水平にしてあった瓶を6月の終わりに垂直にした。私は自然に逆らうことは決してしたくない。バルバカルロ2003の糖度は30.93g/lで、オルトレポ・パヴェーゼDOCの法的基準が認める糖度12g/lを超えてしまったので、DOCの表記ができない。7500本生産したが、私としては今までで最高の出来だと思う。私のワインを評価してくれる人々に販売するため、どんなラベルを貼ればよいか思案中だ』」(インポータのラシーヌさんの資料より)・・・とこの年のバルバカルロ、これまでとちょっと雰囲気の違うラベルです。ご丁寧に「ベロネッリで『ソーラ』もらったよ!」というタグみたいな物まで付いています。 ●本当はこのワイン本日試飲する予定無かったのですが・・・もやもやしたまま家に帰れるもはずもなく、あけてしまいました。まさしく初体験!の美味しさです。文字通りの残糖感。そこに炭酸のやんわりとした刺激と、あに図らんやのしっかりとしたタンニンボディ!否応なしに未体験ゾーンに引き込まれます。確かにトランプ遊びとかしながら、ちびり、ちびりとやるのが良いのかも。ふと気が付くとアルコール度数は15度!大人だけに許される、危ない世界の入り口です。(2005.08.02 いのまた) ●オルトレポー・パヴェーゼ初心者としては今回入荷分の3本の内、まずヴィンテージの新しい物から試したわけですが、これが果たして熟成するのか?と言われると、かなり心許ないところです。ガスっ気がなければ、ちょっとしたデザートワインの流れで、あと3~4年はOK!と言うところですが、そうするとこのガスっ気はどうなってしまうんだろう?また新たな悩みを抱え込みながら、気分はもうあっちの方へ行っちゃっています。 A.A.バルバカルロ リーノ・マーガ IGTプロヴィンキア・ディ・パヴィア ロッソ バルバカルロ 2003 最新作,爆買い

ピーター・プリガー クエンホフDOCズュートティロール アイザックターラー ヴェルトリーナー 2008 本物保証,お得

ピーター・プリガー クエンホフDOCズュートティロール アイザックターラー ヴェルトリーナー 2008 本物保証,お得

ポデーレ・レ・ボンチDOCGキャンティクラシコ レトラーメ 2002 新作入荷,大得価

●久々に会ったので最初はお互い、ぎこちない会話しかできませんが、次第にうち解け、相変わらずだね~、と。ぷちぷちっとした果実味の感動は少し抑え気味ですが、いやに大人になっちゃったね、と言うエレガントな味わい。個人的な好みは別として、リアルワインガイド風に点数を付けると、番外編でコメントした2000年物よりも、2ポイントアップ、「今飲んで89点/ポテンシャル90点・・・飲み頃2006~2010年」と言う感じでしょうか? ●2000年との印象的な大きな違いは、おそらく樽所以の甘い香りかな?アルコール度数は2000年と変わらず13度との表示ですが。全体的なボディの厚みで多少強いワインとの印象です。すでに飲み頃かなと思って試して飲んでみたのですが、まだ果実味が十分に開いていない、と感じます。多少入荷直後の不安定さは考慮に入れても、あと半年はそっとしておきたいですね。幾分輪郭のうつろなところはありますが、味わいの要素は十分に詰まっているので、熟成させると厚みのあるブーケで満たされるだろ~な、と。ディティールが整うまで、少し時間が必要なのかな、と言うところです。ワインのポテンシャルと同時に作り手の力量も十分感じられたので、これで一日おいてどうなるかが楽しみです。(2005.08.05 いのまた) ●と、例によって二日目の調子です。やはりタンニンが強いのかな?果実味はダークチェリーやカシス中心に広がっていますが、幾分押さえ込まれた感覚が。むしろこの段階では「甘さ」を感じます。前半は幾分まとまりがない感じですが、アフターはぴしっと焦点が定まって心地よく続きます。やはり飲み頃は2006年年明け頃からですね。分別ある大人の魅力を十分に発揮してくれる物と信じています。(2005.08.05 いのまた) ポデーレ・レ・ボンチDOCGキャンティクラシコ レトラーメ 2002 新作入荷,大得価

レテラッツエ サッシネリ 1999 DOCロッソコーネロ 爆買い,新作

●モンテプルチアーノはイタリア中部から南部のアドリア海側(東側)に広く栽培されているイタリア原産のブドウ品種です。サンジョベーゼ・ロマニョーロ系のブドウと言われ、トスカーナのサンジョベーゼ(サンジョッベーゼ・ピッコロ、ブルネッロ(サンジョッベーゼ・グロッソ)、プルニョーロ・ジェンティーレなどサンジョベーゼ・トスカーノ系品種とはかなり遠い親戚関係。ただ、その起源ははっきりとわからないようです。 ●このはっきりと起源はわからないけれど、樹勢が強く皮が厚くタンニンは豊富で酸の低いワインができるモンテプルチアーノにレ・テラッツエはこだわりを見せています。オーナーのアントニオ&ジョルジーナ・テルニ夫妻と、栽培責任者レオナルド・ヴァレンティ、醸造責任者のアッティオ・パーリのチームは、このブドウの収量を落とし、熟成期間を発酵期間をより長くし、そして小樽で熟成させることによりロッソ・コーネロの中でも最上の一本とよっばれる「サッシネリ」を作り出しました。 ●ところがこのワイン、試飲会とかで他のイタリアワインに紛れて並んでいると、印象的には実に地味なワインです。あとから思い出そうとすると、あまり目立ったところがないのでどうもぼんやり霞んでしまいます。でも、ゆっくりと一本開けようとすると実に「心に滲みる」ワインです。友禅の優雅さはありませんが、紬の落ち着きとでも表現すれば良いのでしょうかね? ワインアドヴォケイト137号(2001年10月) 「The 1999 Sassi Neri reveals an elegant, sweet perfume of cherry jam, currants, toasty oak, and licorice. Rich, medium to full-bodied, with sweet tannin as well as a long finish, it will drink well for 5-6 years. 88points」 レテラッツエ サッシネリ 1999 DOCロッソコーネロ 爆買い,新作

ピーター・プリガー クエンホフDOCズュートティロール アイザックターラー ヴェルトリーナー 2008 赤字超特価,低価

ピーター・プリガー クエンホフDOCズュートティロール アイザックターラー ヴェルトリーナー 2008 赤字超特価,低価

イヴィニェリヴィヌペトラ IGTシチリア 2003 100%新品,お得

●ヴィヌペトラ、3年目の2003年ヴィンテージ入荷しました。ラベルが変わりましたね・・・この年の生産本数は何本ぐらいだろう、と気にしつつ、押さえきれない欲望でついうっかりと試飲してしました・・・しかも、チョコレートなどを食べながら・・・ ●う~ん、ますます完成度というかバランスがミリ単位で良くなってくる~ゥ・・・。密かに「昨年2005年に飲んだお気に入りワイン」の筆頭候補に揚げたくなるヴィニュペトラですが、2002年よりもさらに一層『磨き』がかかってきましたね。たまさか今日はバレンタイン・デーと言うことでチョコなどを沢山いただき、あれこれとつまみ食いしながらの試飲となってしまっていますが、ま、これが実に贅沢というか、何というか・・・常にこのワインを一口すすると・・・チョコの甘さやコクの深さにぶつかっても、ワインの軸がぶれないんですね。 ●それぞれ、チョコの味わいは当然異なります。いろいろ食べても、それでもワインを飲むと自然に元の位置、ワインの芯のところ、センターに戻ってしまう・・・ワイン自体のしっかりした構成とバランスの良さ。で、当初の懸念どおり『どういうワインか』と書けないぐらいオイシイワインです。(2006.02.14 いのまた) ●空気を抜いて、一日おきました。改めてコメントすると、ミネラルをしっかりと含んだ厚めのタンニン、この隙間からチェリー・リキュールのような果実味がジワリジワリとしみ出てきます。これはチョコレートにくるまれたリキュール漬けのチェリーの味わいそのもの。それでも「お菓子」的な甘さに流れることなく、凛とした輪郭を保っているのはさすがだな。ラベルに表示されたアルコール度数は14度。飲み過ぎだけが怖いです。(2006.02.15 いのまた)  一応、2002年物のコメントです。 ●香りに感じられる甘さは・・・品があります。甘さ抑えた福砂屋のカステラ?系の和菓子の香り。チェリーやブラックカラント、そしてカシス。柔らかな甘みを伴いながらも静かな佇まい。甘さだけを取ってみると玉露にもにた品格。アフターに長く続く余韻の核はカカオかな?たびたび打ち返す紅茶系の味わいも一層の複雑さ、そしてエレガントな足取りを感じさせます。・・・・で、下は2002年までのラベルです。 ●シチリアの赤ワインって、一昔前ではライトで明るいデイリーワイン、半ば白ワインのおまけ的存在。近年ではステロイドを感じさせるマッチョ系、と言う印象ですが、このワインは上質なアマローネや北部ローヌの一部に感じる、バランスのとれた内面的な力強さを感じます。おそらくシチリアにはないんだろうけど、マグロの赤身の竜田揚げなんか良いんじゃないかな?小口に切って・・・整っていても非常に丸い味わいの酸が赤い身の魚に合いそうな気がします。いや、実に味わい深いワインですね。(2005.05.12 いのまた) イヴィニェリヴィヌペトラ IGTシチリア 2003 100%新品,お得

ミルツィアーデ・アンターノDOCモンテファルコ・リゼルヴァ ロッソウンブリア 2001 全国無料,お買い得

●このモンテファルコは一言で言っちゃうと「綺麗」です。絞りたてのプラム。ブドウの実を皮ごと口に含んでかみつぶしたような自然なほろ苦さ=タンニンがあるがままの美味しさ。・・・・幾分閉じ気味という気配はありますが、あまりもちっとした濃いめの感触がなく、土地生来の気高さを保っています。幾分柔らかな腰つきが、あくまでも女性的なので「フィネス」という表現は当てはまりませんが、「しっとりとした黒髪に映える満月の輝き」って感じでしょうかね? ●瑞々しい果実味とバラスのとれたハーブやスパイスのエッセンス。外向的な振る舞いの中に、思慮深い品性なる物、感じます。その分飲み頃、と言ったコンディションに関してはかなりシビアな一面も・・。やっぱり寝かせて美味しくなるのかな?2~3年で飲みごろ? ●・・・と、打ちつつ眠くなちゃったので中途半端に終わった、1日目のコメントですが、続けて二日目・・・幾分、全体像がくっきりとしてきてますます、良い感じです。前日の綺麗さが、何となく薄さに通じる感じですが、その分反発力みたいな物が強くなりました。飲み込んだ後のアフターの強さがしっかりとしています。素材そのものの美味しさ、変わりませんね。いわゆる銘柄豚のようにかめばかむほど味わいのの出てくる・・・・そへこのモンテファルコを一口・・・上手いこと調和がとれそうな気がします。幾分しっかりとしたタンニンとミネラル感が、果実味の上でしっかりと主張をしています。ふと横切るハーブの感触は子羊のロースト、などにも良いのかな?動物の脂を中和しつつ、染みこんだ旨味を上手く引き出してくれそうな・・・ ●こうした小回りのきくところは、サンジョベーゼ由来のミディアムボディのキビキビとした快感かな?決して限界値が高い訳じゃないけれど、サグランティーノの渋みみたいな軽い味付けが、飲み手のポジションに素直に反応してくれそうな、小気味よさ、保っています。アルファロメオのツイン・スパークってところかな。(2006.01.13 いのまた) ミルツィアーデ・アンターノDOCモンテファルコ・リゼルヴァ ロッソウンブリア 2001 全国無料,お買い得

パオロ・ベアDOCGモンテファルコ・サグランティーノ セッコ2000 お買い得,新作登場

●ブドウ品種名「サグランティーノ・ディ・モンテファルコ」を100%使って辛口に仕立てられたワインがこちらの「モンテファルコ・サグランティーノ セッコ」となります。 ●非常に凝縮感のある果実味、主にブラックチェリーやプラムでしょうか?気持ストロベリーや紫色の花の香りもあります。非常につまっていますね。少し燻製の感じ燃しますが、ハーブやスパイスの勢いも優勢。動物的なやや湿り気のある香りやお醤油にもにた複雑さがあります。落ち着くまでもう暫くおいた方がいいのかな?と言うところです。合わせる料理はジビエかな? ●↑と、数年前1998年物あたりで書いていました。で、2000年と飛んでこれも久しぶりのワインです。・・・パオロベアのモンテファルコ・サグランティーノ・・・黒っぽいタンニンの膨らみを包み込むように締め付ける完熟且つフレシュなプラム系の果実味。全く的外れかもしれないけれどイルーレギのタナとか・・・・でもフランス物と何となく文法がちがうんですね。おはぎとぼた餅の違いかな?うっすらとモカ系の香り。もう少し甘い感触が出るまであと3~4年待たなくちゃいけないのかな?・・・でもこれ2000年の物なんですけど。(筆者注:おはぎとぼた餅との違いについてはいろいろと異論がございましょうが、ここでは「おはぎ=あんこを半搗きの蒸し米で包むもしくはあんこをのせた物」「ぼた餅=半搗きの蒸し米をあんこで包む」と言った構造的な違いをさしている。) ●結構な量のタンニンと、酸とを感じるんのだけれどその間を埋める物がないダイレクト感。曖昧さの排除ですね。で、そのバランスが黄金比的な魅力を持っている。それぞれの要素は一見シンプルだけどその表面の細かな細かなところに複雑味が宿っている。ルネッサンス彫刻っていうのはその外見的な構成の魅力もあるのですが、そこに大理石を磨き上げたところの質感が伴わないといけない・・・。全体とディティールとがフラクタルな構造でつながっている・・。それがもしかすると自然なワインの魅力、と言うことなんでしょうかね?と思いを遠く遙か昔にやっていると、ワインの方は何となくその隙間を埋めるべく自ずから励起してかなり中間部分の埋め込み完了です。何となく獣脂が焦げるような香りがそそります。こうなると今晩のおかずがスペアリブ(絶対ない)とか期待しながらただ飲むだけ・・・クラシコですね。(2009.09.21 いのまた) ●昨日はタナ、でしたが今日は何となくジンファンデルというかプリミティーヴォ。あえていうなら酸とモカのバランスが微妙に遷移しつつ分離独立状態。やっぱりも大きいボディを持ちながらも、実に繊細なんだね。・・・バートン・アンダースンの『イタリアワイン(ポケットブック)』にはアマローネ・デラ・ヴァルポリチェッラ(そー言えば、ラベルの手書き風はクインタレッリに似ているんだよね)みたいと書いてあるけど、もう少し酸がツンと来るような感じがします。この辺りでジンファンデルに似ているんだよな。でも、ターレーのジンファンデルとかとはやっぱりちがうな・・・にているのはアルコール度数の強さ。横浜の「太田縄のれん」風の赤味噌使ったすき焼き、辺りが合うのかな?とか、「地元ウンブリアでは鳩にかなり濃厚なソースを掛けて食べいるんだ」などとやっていると、知らないうちに酔いが回る14.6度でした。(2009.09.22 いのまた) パオロ・ベアDOCGモンテファルコ・サグランティーノ セッコ2000 お買い得,新作登場

エリオアルターレランゲ ラ・ヴィラ 2004 安い,HOT

1970年代の後半まで、バローロの多くの人たちは作ったブドウのほとんどを大手のネゴシアンに売っていました。どの畑も小さく、わざわざ醸造設備を設けてワイン造りをするよりは効率的だ、と考えられてからです。 しかしながら当時20歳代であったエリオ・アルターレは、こうしたバローロの現状に疑問を抱いていました。何かもっと別の道筋はないのだろうか?彼は仲間たちと話し合っていくうちに一つの結論に至ります。バローロはブルゴーニュだ!ブルゴーニュはそれぞれ小さな生産者であっても、それぞれにビン詰めし、心地よいタンニンとフルーティなワイン、しかもそれぞれの畑の個性を感じられるようなワインが作られている・・・。 アルターレはこうして自らブルゴーニュに赴きワイン造りを学ぶと供に仲間を集めモダン・バローロの牽引役の一人として現在に至っています。 エリオアルターレランゲ ラ・ヴィラ 2004 安い,HOT

ラディコンDOCコッリオ オスラーヴィエ 2000 HOT,限定SALE

最初に飲んだ99オスラヴィエの印象は以下の通りです。    こちらはピノ・グリージョ40%、シャルドネ30%、ソーヴィニヨン・ブラン30%。・・・久々に安心できる組み合わせ!のフリウリ物です、と思いきや・・・抜栓してみると全く動く気配がありません。沈黙が続きます。太く緻密な酸とミネラルの塊、堅く抜けるように透明な果実味。あまり表情のないドライな性格。これまでプロファイルされた事のない領域のワインです。このワインを短時間で評価するのは、なかなか至難の業、じっくりと時間を掛けることにしました・・・。    飲み手を試すかのようなこのワイン、2日目にしてようやく通常のスタンスでとらえることができました。若干色の変化が進みややピンク色の混じった麦藁色。ピーチのネクター、洋ナシのスライス、干し杏のや乾燥したパイナップルの香りがほどけてきました。頑強な酸はまだ幾分堅いものの周辺は柔らくなり、カスタードの様な甘い香り理とともに果実味を覆っています。やや樹木の感触を残しながらもアフターはしっかりとまとまり、セージやハーブのニュアンスを残して収束していきます。飲むタイミング、使うグラス、合わせる食事、と飲み手の力量を試されるような、揺らぎのないワインです。(2003.11.03 いのまた) ラディコンDOCコッリオ オスラーヴィエ 2000 HOT,限定SALE

ピーター・プリガー クエンホフDOCズュートティロール アイザックターラー ヴェルトリーナー 2008 新作入荷,セール

ピーター・プリガー クエンホフDOCズュートティロール アイザックターラー ヴェルトリーナー 2008 新作入荷,セール

アンティコブロイオコッリオリエンターリ カベルネ2004 人気SALE,セール

    きゅッと締まった果実味が、小悪魔的な魅力です。    ●どういう訳か1年飛ばして2004年ヴィンテージが入荷です。・・・・伝票見ながら、ギクッ!カベルネってカベルネ・フランだったのか・・・。てっきりカベルネ・ソーヴィニヨンと思ってい飲んでいた、以前のヴィンテージの恥ずかしいコメントをまず。(・・・でも、前のラベルはカベルネとしか書いてないですね。この04分はカベルネ・フラン、となっていますが・・・)・・・・・2002年物のコメントです。 ●なるほど写真で比べるとラベルの紙質が少し変わりました。トレードマークのお城?が光っています。ワイン名の印刷が白くなりました。・・これで少しは品違い、減るかな? ●気持ち01より線の細さを感じながらも、「上澄み」を飲むようなクリーンな響き。キュッと締まった酸味とプルーンやブッラックベリーの果実的甘さ。ドライで些細なタンニンも気持ちよく、片やピッツア・マルゲリータをほおぼりながら、ミラノ風仔牛のカツレツも食べたい!気持ちになるワインです。ボルドーやトスカナのカベルネ系飲んでもピッツアはあまり食べたくならないけれど・・・。(2005.02.08 いのまた) ・・・・・2001年物のコメントです ●気持芯に深さのある濃い紫の色調。フレッシュなカシスやダークチェリーの香り。甘さを連想させながらもやや皮やハーブを連想させる軽い香りも感じられます。口当たりは始め非常に軽く、口の中でフワ~と広がる果実味、そして良質なタンニンの苦みでフィニッシュを迎えます。まだまだ若くて張りがありますね。 ●香りにあるスミレやレンゲのような小さく赤い花の香りが印象的。スイートバジル風の甘さも程良く効いています。きめの細かい優しいタンニン。後味に残る凝縮された苦み。樽のニュアンスが最小限に抑えられていても、果実の熟し方が実に良く感じられ、味わいに独特の透明感と伸びやかさがありますね。やっぱりフランスのカベルネとは一味違います。(2004.01.02 いのまた)●で、改めて、カベルネ・フランのこのワイン飲んでみました。そー言われてみると、そ~だよな~。ロワールのフランのニュアンスが何となく感じられます(これも怪しいぞ~!)。・・・・己のテイスティング能力の乏しさはさておいて、己のオイシイワイン能力はオオイニそそられますね!2004年のアンティコ・ブロイオの中では最も果実味が充実したイメージ。幾分フレッシュなプラムとチェリーの果実味がしっかりとしています、それでいて中盤から後半の「しまり具合」が良い感じです。果実味優先のアフターも気持ちが良い!ミネラル感よりもストレートに果実味を楽しめるワインです。 ●果実をワインにする事によって得られる「凝縮感」とはまた異なった「果実そのもの凝縮感」が感じられます。そのためタンニンやミネラルも果実に備わったプリミティブな味わいそのもの・・・。飾り気が無く綺麗な印象です。前のヴィンテージのコメント眺めていると、スミレとかレンゲとかの小さな赤い花のイメージを綴っていますが、こうした基調にあるニュアンスは変わらないですね。良い感じだな・・・。(2006.01.10 いのまた) ●・・・で二日目。どちらかというとこれもしみじみ飲める「こたつ系」入っています。とは言っても、もう少しモダンな印象はたしか。自然な甘みを伴った赤い果実味の豊かさに加え、シルクタッチのしゃっきとしながら柔らかいタンニン。フランスの物より皮が薄いんですかね?タンニンの感触が何しろ細やかというか、繊細というか・・・ピノ・ノワールチックな触感があるかと思うと、南のシラーのような肉付きの良さも底の方からちらほらと・・・。ブルーベリーとサワークリームたっぷり乗せたサクサクのミルフィーユ、といったところかな(本当はもう少しさっぱりとした味わいですが、たとえが見つからない・・)。 ●しっかりと焼き上げたローストチキンにさらりとベリー系のフルーツソース。あるいはもも肉たっぷりを赤ワインでじっくり煮込んで・・・こんなところかな(全然違う系統だけど・・?2006.01.11 いのまた) ●・・・早、3日目です。昼頃までは良かったんですが・・・少し冷えてしまって、夜は「教科書どおりのカベルネ・フラン」です。ちょっと酢ぱっくなって、ピーマンの香りたっぷり。普通に2日間ぐらいで飲みきってしまう方が良さそうです。参考になりますでしょうか・・・。(2006.01.12 いのまた) アンティコブロイオコッリオリエンターリ カベルネ2004 人気SALE,セール

ラディコンDOCコッリオ オスラーヴィエ 2000 送料無料,定番人気

最初に飲んだ99オスラヴィエの印象は以下の通りです。    こちらはピノ・グリージョ40%、シャルドネ30%、ソーヴィニヨン・ブラン30%。・・・久々に安心できる組み合わせ!のフリウリ物です、と思いきや・・・抜栓してみると全く動く気配がありません。沈黙が続きます。太く緻密な酸とミネラルの塊、堅く抜けるように透明な果実味。あまり表情のないドライな性格。これまでプロファイルされた事のない領域のワインです。このワインを短時間で評価するのは、なかなか至難の業、じっくりと時間を掛けることにしました・・・。    飲み手を試すかのようなこのワイン、2日目にしてようやく通常のスタンスでとらえることができました。若干色の変化が進みややピンク色の混じった麦藁色。ピーチのネクター、洋ナシのスライス、干し杏のや乾燥したパイナップルの香りがほどけてきました。頑強な酸はまだ幾分堅いものの周辺は柔らくなり、カスタードの様な甘い香り理とともに果実味を覆っています。やや樹木の感触を残しながらもアフターはしっかりとまとまり、セージやハーブのニュアンスを残して収束していきます。飲むタイミング、使うグラス、合わせる食事、と飲み手の力量を試されるような、揺らぎのないワインです。(2003.11.03 いのまた) ラディコンDOCコッリオ オスラーヴィエ 2000 送料無料,定番人気

カーゼ・コリーニ ロレンツォ・コリーノ バルベーラ・ダスティ ラ・バルラ 1996 品質保証,HOT

●お一人様2本までと言うことで宜しくお願いいたします。 カーゼ・コリーニ ロレンツォ・コリーノ バルベーラ・ダスティ ラ・バルラ 1996 品質保証,HOT

ドメニコクレリコアルテ 2001DOCランゲ 新作入荷,2019

●ドメニコ・クレリコの名前を一躍有名にしたのが1983年に初めてリリースされたこの「アルテ」ネッヴィオーロ90%、バルベーラとカベルネ・ソーヴィニオン10%から作られ新樽100%できています。クレリコは此のワインを「当時は国内でバローロ離れが進んでいて、バローロをモデファイした方がよいと思った。まず人目を引く必要があるからアルテを作ったのだけど、本当は100%が良いに決まっている・・・。」(「美術出版社 季刊ワイナートNo.8  2000年秋号」より)と語っていますが、言葉とは裏腹に常に高い評価を受けているワインでもあります。印象的なラベルとシャープで力強い味わいはいつ飲んでも記憶に残ります。(このラベルは何処かの美術館に展示されています。ニューヨークのメトロポリタンだったっかな?) ●alarには久しぶりの入荷です。そこで試飲も久しぶりに・・やっぱりオイシイですね。最初は少し堅めの雰囲気ですがネッビオーロらしいスミレの香りや赤い果実の果実味が正しく「凝縮」されています。ミネラル分がはっきりとしてる為非常に輪郭が際立ち、彫りの深い端正なたたずまいを見せてくれます。バローロ的と言うよりももっとフランス的な厚みかな?ワインそのものに個性の光る一本ですね。 ドメニコクレリコアルテ 2001DOCランゲ 新作入荷,2019

ダルフォルノロマーノアマローネデラヴァルポリッエラ1997 激安大特価,定番人気

●96年に引き続きパーカー・ポイント99点のアマローネ1997。お値段もグンと上がってしまいましたが、いかがでしょう。alarの飲みたくても飲めないワインNo.1です。 The outrageous 1997 Amarone (17.5% alcohol) was aged 28 months in 100% new French oak. An inky/purple color is followed by sumptuous aromas of blueberry liqueur intermixed with truffle, graphite, camphor, and vanilla scents. This remarkable offering is immensely full-bodied and super-concentrated, with great purity, symmetry, and length. It is the stuff of legends! How long will it last? Who knows? Certainly this wine is capable of evolving for 15-20 years. $370 99points これより下は96年ヴィンテージのものです。ご参考まで。  「殆ど完璧と言って良い、96年のアマローネは、殆ど疑いなく私のかつて飲んだアマローネの中で最高の物である。インクのような黒紫色はとんでもないほど純粋に、黒鉛、ブラック・ベリー、プラム、ミネラル、リコリス、エスプレッソコーヒーの香りをともなっている。此のワインは、記憶に残る凝縮度と豊かさを持ち合わせているが、必ずしも「重い」ワインであるとは言えない。しかしながら17.5物高いアルコール度数を示しているため、私の体験したイタリアワインの中でも、格別に信じられないほどの長命なワインとなるであろう。熟成完了予測は2004年から2030年。99ポイント」 R・パーカーのご推薦と共にその人気はうなぎ登り。お値段もうなぎ登りのアマローネですが、トライアルしてみる価値はありそうです。ちなみにR・パーカーがワイン・アドヴォケイトで昨年10月30日号にに例示した価格は$259、その後ワイン・スペクテーターの本年4月30日号に載っている価格例はすでに$299にもなっています。以下は、そのワインス・ペクテーターのコメントです。 「Bright and fruity Amarone, with pepper, crushed berries and hints of new wood. Full-bodied and very velvety, with a long, long juicy finish. Gorgeous and decadent. The master of Amarone hits it again. Drink now through 2010. 720 cases made.93point $299 ,WineSpectator Apr 30, 2002 ダルフォルノロマーノアマローネデラヴァルポリッエラ1997 激安大特価,定番人気

ミアーニソーヴィニヨン サウリント 2005 最安値,新品

●お一人様1セット限定にてお願いいたします。 ミアーニソーヴィニヨン サウリント 2005 最安値,新品

ピアンデッロリーノブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2001 全国無料,最新作

●ヤン・ヘンドリック・エルバッハ氏がフリーランジュース100%より造るブルネッロ・ディ・モンタルチーノです。畑は標高420mに位置し、昼夜の寒暖差も大きくブドウ栽培に絶好のロケーション。オリーブ栽培も行われる合計10haの畑はPian dell'Orino /Pian Bossolino /Scopeta /Cancello Rossoと4つの区画に別れていますが、カンティーナ名にもなっているPian dell’Orino(ピアン・デッロリーノ) から収獲されたブドウだけがこちらのブルネッロ・ディ・モンタルチーノに使われます。こちらの区画面積は1.5haで、葡萄は1976年と1982年に植えられました。泥灰土と粘土と砂の混じり合う土壌で、pHは7.5~8.5(石灰岩が豊富でややアルカリ性の土壌)。殺虫剤、除草剤、科学的な肥料等は全く使用していません。 ●また、この畑の面白いところは「各列交互に一年ごと下草を約20種類生やす」こと。雑草をわざと生やすことで土壌の保水力を高め、雑草と葡萄の生存競争の結果、葡萄の根は地中深くに養分を求め葡萄に複雑な味わいをもたらします。また、畑にトラクターなどが入った際に、タイヤで土壌が固まるのを防ぐクッションの役割も果たします。全てに下草を生やすと、必要以上に土壌の養分持っていかれていかれてしまう為、A列は奇数年、B列は偶数年、そしてC列は奇数年と交互に下草を生やし、1年したら全て抜いて1年土壌を休ませて翌々年にまた生やすという中1年サイクルで行います。 ●このワインの特筆すべき点は「フリーランジュース」のみ使用している事。手摘みにて収穫された葡萄(収量は約28hl/ha?計算中:いのまた)は、破砕後自然酵母のみで発酵スタート。タンクにて最高で35度に保たれた状態が維持されます。トータルで5週間ほど過ぎて熟成に。この際圧搾機に入れてそのまま出てくる果汁だけがこのワイン用のモノとなり、実際に圧搾してえられた果汁は使われていません。その後スロヴェニア産オークの樽で40ヶ月熟成。ノンフィルターで瓶詰めされています。ちなみにSO2の使用量はトータルで58mg/l。年間生産量は約9500本とのことです。  (以上インポーターさんの資料より) ●・・・・と言うことでフリーラン100%に惹かれてみました。試飲会で飲んでもなるほどな果実味で、思わず追加!。2001年というヴィンテージも手伝って、なかなかにオススメなブルネッロ、です。『口いっぱいに広がる果実味はブルーベリーやダークチェリー。タンニンは優しくともしっかりとした良質な印象。幾分岩石系のミネラル感が感じられ、樽の甘味ともバランスがとれている。フィニッシュは良好。後2年ぐらいで飲み頃』とメモを残しています・・・。イメージ的には「モダン」。チャッチや、ペルティマリ系かな?と思いつつ、・・・なるほどね、なところはやはり果実味とタンニンの柔らかさ。フィネスを伴うような長熟型とは行かないかな?・・・・むしろフォントディのフラッチャネロに近い、イメージ。かなりの掘り出し物、と思っています。もう少し落ち着かせてから、も一度飲んでみよ。 ●ついでに、もう一つ。ラベルの下部(ブルネッロ~と書かれているあたり)はシャプティエのように『点字』が併記されています。 ●はい、少し落ち着かせてから・・・と、舌も渇かぬうちに再試飲しています・・・。先の試飲会では、かなりワインが荒らされているので感じなかったのですが、抜栓直後は幾分還元的な香りを感じます。獣脂や皮の香り、同時にチーズのような感触が・・なんでしょうかね?ある程度ぐりぐりやって見ると、この還元的なところは綺麗に消えて、しっかりとした果実味が出てきます。・・ようやくブルネッロらしくなってきた。正しいサンジョベーゼ系に相応しい明るい酸と決してコクはないがしっかりとしたタンニンを感じます。さらにミネラル感がこのワインを特徴づけている。これがやがて甘さとほろ苦さに代わり、これまたブルネッロらしいフィニッシュ。何となく行き掛かり上ブルゴーニュ・グラスで飲んでしまっていますが、ボルドー・タイプのグラスならもう少し味にまとまりもでてさらに良い感じになることは間違い無し。ミディアム・ボディにしっかりと旨味が詰まっています。じっくりと寝かせて、とはやはり行きそうもありませんが、後2~3年でしっかり飲み頃の予感。子羊のロースト辺りがお似合いかな?ハーブよりも岩塩とペッパーで軽く味付けというのが良さそうです。(2006.08.28 いのまた) ●昨日、こちらのワインのインポーターの担当者から嬉しそうに電話がありました。・・・「せんむ~、今月号のヴィノテークで田崎さんの「バイイングガイド」見ていたら、ベスト・ワインに載ってるんですよ~!」と。と言うことで送ってもらったヴィノテーク記事の抜粋です。 「ヴィノテーク#325 2006.12月号  ヴィノテーク・ワイン・バイイング・ガイド「田崎真也セレクション」より≪掲載文書抜粋≫     18.5Point/20  Brunello di Montalcino 2001 DOCG Pian dell'Orino 14%     ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、ピアン・デッロリーノ 「・・・・・色調はオレンジからレンガ色がかった、濃いめのガーネット。香りは芳醇で、産地や品種に典型的な要素を持つ。ブラックチェリーのコンフィ(砂糖漬け)やジャム、ドライフラワータール、シガーやタバコなど枯れ葉の様な香り、鉄サビミネラル、スパイス、樹脂、ス・ボワなどが感じられさらに、それらを木樽由来のヴァニラ香が包むよう。味わいはふくよかで、非常にバランスがよく滑らか。上品さも感じられる。余韻が長く、アフターにも芳醇なブケを残す。」   (「田崎真也セレクション」は田崎真也氏がブラインドで試飲を行ない20点満点の絶対評価を0.5点刻みで評価する企画です。試飲は各ワインの「ヴィンテージ」、「産地」、セパージュ」、「希望小売価格」だけ田崎氏に伝え行われます。) 数多くのモンタルチーノ近郊のカンティーナをコンサルタントするヤン・ヘンドリック・エルバッハ氏(この名前はオランダ人?)が1996年よりスタートさせたカンティーナがピアン・デッロリーノ(Pian dell'Orino)。ここのカンティーナや畑は、かのビオンディ・サンティに隣接しており、限りなくビオディナミに近い有機農法(なんじゃそりゃ?:いのまた)を実践し土地の個性を大切にしたワインを作っています。 ピアンデッロリーノブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2001 全国無料,最新作

カーゼ・コリーニ ロレンツォ・コリーノ バルベーラ・ダスティ ラ・バルラ 1996 新品,送料無料

●お一人様2本までと言うことで宜しくお願いいたします。 カーゼ・コリーニ ロレンツォ・コリーノ バルベーラ・ダスティ ラ・バルラ 1996 新品,送料無料

メロイDOCコッリオリエンターリデルフリウリ 2007ロッソ ロスディブリ メルロー 驚きの破格値,得価

●「トップキュヴェの「ドミニン」に使われなかったブドウおよびワインから作られます。墨、タール、リコリス、スミレ、甘いスパイスそして熟したダークチェリーの香り。ジューシーかつボディ豊かなメルローで、表情豊かな香りに沿うように、生き生きとしたフレッシュさが感じられる。豊満かつリッチな味わいのワイン」と言うことで・・・こっそりと、パーカーポイント92点・・・。 ●メロイの赤は始めてなモンで飲んでみたいんですが、強い、強い。飲んだ印象のパーツ、パーツは上のインポータさんのコメントにもある通りですが、それが強烈に凝縮されている。感じとしてはダークチェリー&スミレ辺りがサグランティーノ・ディ・モンテファルコ的でもあり、太い果実味はヌフ・パプの上物。甘いスパイスあたりがそれとなくオーブリヨン的でもあり・・・こうしたキメラのような、いろいろな要素をなんてったって14.5度の強いボディーが抱き込んでいる・・・。 ●でも、酸のしっかりした突き抜け感とか、ワンクッション置いての奥行きとかが無いのはやはり92点なんでしょうね。これでこの2つのポイントが押さえられると間違いなく94点クラスかな?と。いずれにしろ現段階ではちょっと強すぎて、alar的にはつらいところがある。むしろ5年程置くとかなり落ち着いた雰囲気ができてくるのかなと、その辺りを期待したいところです。(2010.05.22 いのまた) メロイDOCコッリオリエンターリデルフリウリ 2007ロッソ ロスディブリ メルロー 驚きの破格値,得価

ボルディーノチンツィアV.d.Tピエモンテ ピノネーロ チャボッティーノ 2008 高品質,最新作

●先ずはインポーターさんの解説?   「こちらのチャボッティーノは、インポーターのヴィナイオータさんにロマーノ・レヴィのグラッパを分けてくれているオッターヴィオという会社の名前が2007年にCiabot:チャボットに変わった(以前はArcadia)際に、仲の良い造り手に依頼したスペシャル・キュヴェ。ボルディーノ家ではその依頼を受けて、果皮浸漬を短くしてロゼと赤の中間とも言えるようなワインを作りました・・・。」 ●何となくインポータさんの↑この案内の「ピノ・ネロ=ピノ・ノワールのロゼ!」に引かれて入れてみました・・・が改めてリスト見ると「赤?」となっています。で実物は・・・赤というには色は淡い、ロゼと言うより色は鮮やか・・・感覚的にはボルドー・クレーレと言った感じでしょうか。香りにはきっちりとピノ・ノワールのフランボワーズやチェリーが出ている。プラス、ソフトなミントやバジル系のハーブのニュアンスも心地よい・・・と早速一口。いわゆるチャーミングな味わいなのです。が、どうしてなかなか、中盤からのグリップの良さと後半の酸の余韻が侮り難し。見かけによらずしっかりとしていますね。 ●ラベルは・・・何となく自家製、と言う感じのどう見ても「これカラー・コピーだよね」というチープなもので、尚かつ「フランボワーズとチェリー」「(おそらく)野バラ」「(たぶん)アイリス」の3種類。ケースの中には何がいくつ入っているか見当つかないので御注文の際の指定は受け付けられません。ご了承下さい。 ピエモンテのクーネオ県ネイヴェにあるボルディーノ・チンツィアは、この地方の古き良きトラットリアでサービスされるような、土地の雰囲気を持つワインを作っています。それもそのはず、ボルディーノ家はアグリツーリズモを営なんでおり、アグリツーリズモで出していた自家消費用ワインを2003年から瓶詰め販売を開始したばかり。ワイン造りの工程は伝統的手法が用いられ、発酵には温度管理を行わず長期間のマセレーションを行い、熟成は大樽ので行なっています。ノンフィルターでボトリング。添加する二酸化硫黄の量もごく少量。 ボルディーノチンツィアV.d.Tピエモンテ ピノネーロ チャボッティーノ 2008 高品質,最新作

チャッチピッコロミーニタラゴーナDOCGブルネッロディモンタルチーノ ヴィーニャディピアヌロッソ 2001 新作登場,高品質

●2001年のトスカナはやっぱりいいみたいです。まずは「こんなかんじ」と言うコメント見つけました。   「Ruby red verging towards garnet colour. The bouquet is characteristic with red berries accompanied by pleasant spicy notes. In the mouth this wine is warm and full bodied. The tannins are balanced, there is good acidity and great length. This elegant wine has good potential for further cellar ageing. Food pairings : Grilled meat, roasted meat, game and mature cheese.   ワインスペクテーターでは92点   「The Wine Spectator This is gorgeous with seductive cedar, tobacco, berry and Indian spices on the nose. Medium- to full-bodied, with fine tannins and a tobacco, coffee and berry aftertaste. Refined. Best after 2007. Score: 92. ―James Suckling, April 30, 2006.   ワインエンスージアストでは91点   「The Wine Enthusiast This wine boasts a very nice balance of enticing aromas such as cola, mint tea, basil leaf, chocolate and dried tobacco. Yet there was enough fruit and berry flavors to ensure a long cellar life. Plump and velvety in the mouth, with mouth cleansing freshness on the finish. A Marc de Grazia selection, various U.S. importers. Score: 91. April 01, 2006. ●ワインアドヴォケイトでは・・・・・まだ登場していません。・・・・かわりにalarが飲んでみました・・・・・幾分エッジにはえんじ色が入っています。色調は深くも透明感があります。香りには先ず・・・麩菓子のような焦げた甘さ、そしてチェリーのジャム、乾燥したサクラの木、スパイスボックス・・・香りからしてフルボディを予感させ、十分な熟成の可能性を指し示しています。(此処で、やっぱり開けなきゃ良かった、と・・・) ●口の中では意外に酸が感じられます。そして果実の甘さも品良く加わるかな?飲めば飲むほどに味に深みがましてきます。余韻はそれほど長くないのですが、中盤のしっかりとしたグリップが印象的ですね~。やはりもう3年から5年は寝かせないとね・・・。印象的にはあの97年に近い物があります。直近の2000年の物よりは確実に一回りサイズが大きい。97年とは質が異なり、この01年物の方がしっかりとしたフィネスを感じることができる。酸も豊かで幾分長く持つかな?98年の華やかさとはやはり趣を異にしている・・・・と、言っても類い希なる可能性が眠ったままですので、この先どんな風に変化していくかは、実に興味深い。これ、結構、最近のR・パーカーさん好みなんじゃないかな?インパクトの部分では97年物辺りに負けますが、じっくり楽しむならば・・・と言うことで94点!というのはどうでしょうか(2006.11.24 いのまた) チャッチピッコロミーニタラゴーナDOCGブルネッロディモンタルチーノ ヴィーニャディピアヌロッソ 2001 新作登場,高品質

ジュゼッペクインタレッリヴァルポリツェラ スペリオーレ 1996DOC ヴェネト 超激得,得価

●こちらのワインは手が込んでいます。ブドウは収穫後すぐにプレスされ、3~4日間のマセラシオン後、天然酵母による発酵が始まり7~8日間続きます。樽で「リパッソ」の時期まで休ませますが、その間2~3回の清澄をしています。「リパッソ」とはアマローネを樽に移す際、その絞りかすにあらかじめ発酵を終えたヴァルポリツェラを加える技法で、その後自然と第2次アルコール発酵が始まります。そして、通常春になると始まるマロラクティック発酵へと続きます。 これによりワインに高度な複雑さ色調そして骨格が加わることとなり、スロヴェニア・オークの大樽の中で6年掛けて熟成させて初めて完成となります。 ●合田さんのレポートの中で「どうしたら良いワインが作れるか」と言う質問にジョゼッペ・クインタレッリは次のように答えています。  「まず必要不可欠なのは良い畑です。其れと並んで欠かせないのが良いブドウの樹と低い収量   優れた労働力、大いなる情熱、そして様々な熟成段階を待ち続けられる無限の忍耐力です」 此のワイン、まさしく彼の忍耐力のたまものと言えるワインですね? ●96年のヴァルポリツェラは、全体的に不作のため、本来はアマローネとなるキュベもこちらのヴァルポリツェラのほうに混ぜています。その為原料となるブドウの糖度は上がり、品質は例年になく良い仕上がりです(アルコール分は14%まで来ています)。合わせてお値段も上がってしまいました(一応希望小売価格は10000円までいっています)。また輸入量も限りがあるので・・・お早めに。 ジュゼッペクインタレッリヴァルポリツェラ スペリオーレ 1996DOC ヴェネト 超激得,得価