ジェラールシュレールAOCアルザス トカイ=ピノグリ 2002 新作登場,セール

●ほどよく寝かせた2002年物です。暫くは2001年のコメント↓をどうぞ。●とても綺麗なピノ・グリです。オレンジ、洋ナシ、白桃、柔らかな果実の香りとピノ・グリらしい苦みのあるミネラル感が香りから滲み出てきます。一般的なアルザスのピノ・グリよりも酸味が際立っているので親しみを持ちやすい味わいです。他でご紹介しているジャン・ジンランジェのピノ・グリの柔らかさとはまた異なった繊細なニュアンスがあります。後味にジワッとくるボディの甘みもまた格別の余韻がありますね。ソーセージとザワークラウトの煮込みかな?勿論フェンネルシードを少々効かせて、気分はアルザスです! ●こちらも3日目インプレッション、オマケです。が、これは少し厳しいかな?抜栓後はあまり引っ張らない方が良いようです。 父親のジェラールが畑を、息子さんのブルーノがワイン醸造をそれぞれ担当し7haほどの畑から自然な味わいのワインを作り出すアルザスの作り手です。特に認証は取っていませんが、シュレールの畑はすべて何十年にも渡って一度も除草剤や化学肥料を使っていない全く健全な状態です。収穫量を低く抑え、濃縮度の高いブドウを作るように心がけています。ワインの熟成は中ぐらいのフードル(やや大きめの樽)を使い澱と共に寝かせ、酸化防止剤の使用も最低限にとどめています。 ワインは他のアルザス・ワインとはまた一味違った独特の風味を備え、鋭い酸が奥行きのある果実味をしっかりと支え、高いレベルでバランスの整った、ミネラリーで凝縮度の高いワインです。教科書にでるような典型的なアルザスとは趣を異にしますが、普段のお食事のお供にぜひどうぞ!と言うワインですね。 ・・・・・・こちらではシュレールのベーシックなラインをご紹介しています。上のクラスはこちら→のページで。 ジェラールシュレールAOCアルザス トカイ=ピノグリ 2002 新作登場,セール

ノーコントロールV.D.Tルージュ コンブララ 2014ガメィ 限定セール,格安

●中世16世紀頃オーヴェルニュ北西地域はla Combraille(ラ・コンブライ)と呼ばれていて、ワイン名はそれをオック語に変えCombralha(コンブララ)と命名。みずみずしく一見とてもライトですが、じわっとダシのような旨味エキスがあり! ●インポーターさんの「よっしー」のコメントです。  「ダークチェリー、グリオット、ボタン、スミレ、シソ、ミネラルの香り。ワインはみずみずしく清涼感があり、染み入るような優しい果実味と穏やかで繊細な酸、洗練されたミネラルが口の中で綺麗に溶け落ちる!」 ●ま、上の通りのコメントなんですが、赤以下実主体にふんわり黒い果実も用意できています。なによりも一連のフラワー系の香り、味わいがこのワインの身上かな?一言でチャーミング。フレデリック・コサールのボージョレ・ヌーボーを落ち着かせて、あるいはジュラのプールサールのような華やかさ。で、単に華やかで終わらない、タッチの軽さ、あるいは涼しさが造り手のセンス。たっぷりと、しかも繊細な酸に中心で支えられ、うっすらと口の中で溶け広がっていくミネラル感。が、イイですね~。鶏もも肉の南蛮漬けとか、タマネギの甘酢煮とか・・・なかなか合うと思いますよ。(2016.02.01 いのまた) ●試飲会の時に感じたのですが、ノー・コントロールの赤ワイン・・イメージとしてはクラシックなブルゴーニュと言った佇まい。そうですね・・・たとえばジェラール・ポテル時代のプス・ドールのカイユレとか、ジャン・ガローデのACモンテリかポマール・ノワゾン、あるいは90年代後期のモンショヴェのオーコート・ド・ボーヌ?・・・・そんなところをイメージしながらもガメイな分だけ重心は軽く若干高い位置にある。そんな感じで、暫く寝かせて置くとまとまりもでてさらに味わい深さも出てくると思います。(個別のワインについてではなく、この造り手のワインのざっくりとしたイメージです) ●ノー・コントロールと言っても、決して放っぽって置くわけではなく「余計な事はしない」と言うところでしょうか?その為には『作りたいワイン』というのが明確なビジョンとして造り手の中になくてはいけないし、そこに近づく落としどころの『見極めができるセンス』が必要なのですが、その辺りはもともと主催していたワインサロンの中で経験積んで、周りの造り手からもしっかりと学んできてるのでしょうね。と言う事で取り敢えずは「掘り出し物」ですが、まだ初めてのワインと言う事ですので、これからが楽しみな造り手です。 ノーコントロールV.D.Tルージュ コンブララ 2014ガメィ 限定セール,格安

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 数量限定,定番人気

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。 ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 数量限定,定番人気

ヴァンサントリコVdTシャルドネ Escargot 2013 最安値,正規品

●2013年のエスカルゴットは・・・?2012年物は果実味たっぷりな比較的濃いめの味わいでしたが、2013年は幾分軽めなのかな?と言う予想ですが・・・取り敢えず試飲完了まで暫くお待ちを。  2012年物のコメントです・・・ ●こちらもV.D.Q.S.コート・ド・オーヴェルニュが無くてVdTのシャルドネ、2012年物です。デジレと同じ畑のシャルドネを使い、225Lの5年樽で11ヶ月の熟成後瓶詰めされたもの。シャルドネなんですけど、何と無くもっと優しい・・・ユニ・ブランとかピノ・ブラン的な味わいです。でも、その優しさと反対の力強さを持っている・・・トロワボンノム同様に2012年は厚みがあります。幾分クラシックに作られていますが桃の花と実を同時に楽しめるような・・・そんな楽しさがいっぱい。    2006年物のコメントです。 ●あ~ビックリした。これって金井さんところとか小林さんところとかの「甲州」じゃないですか~!トリコのシャルドネ、初めて飲んだんですがかなりシャープでナイスでクール、です。甲州みたいなグリな苦味ではなく、もっと洗練されてはいますが、飲んでいてブルブル鳥肌立ってきます。だって美味しいんだもん!久しぶりに「!:ビックリマーク」連発ワインですね・・・・。広い丘陵地帯、遠くに高い山を見晴らし、空高くに鳶がくるりと輪を描いた、と。ラベルの景色が目に浮かびます。 ●ナント言ってもこの美味しさの魅力はスムーズ感、上のピノ・ノワールと共にサクサク飲んで共に三分の一ぐらいしか残っておりませんが、そのくらいのおいしさ。昆布締めの甘鯛がつまみにあればな~とプルプルしています。 ●なんでしょうか、alarのところでは『本来シャルドネは非常にニュートラルな味わい』と申しあげておりますが、そのニュートラルなところでフルに葡萄の力を解放している、そんな感じの作りですね・・。岸平さんのところの『ピュア・シャルドネ』にもにているかな・・・・。昔のウイスキーのコピーじゃないけれど「何も足さない、何も引かない」ピュアなワインの味わいです。(2008.01.23 いのまた) ヴァンサントリコVdTシャルドネ Escargot 2013 最安値,正規品

ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 SALE,格安

●シャルドネなのに「ルージュ?」・・・Le Rougeは土地の名前。そこからできたシャルドネの白ワインと言うことで「Le Blanc de La Rouge」となりました。畑は「赤色泥灰土」と言うことで「ルージュ」なんでしょうか?自然酵母だけで6ヶ月発酵。400~500Lの古樽で16ヶ月熟成です。柑橘系のドライフルーツ、白い花の蜜。優しいニュアンスに対峙するかの様な堅く乾燥したミネラル、からりとしたヘーゼルナッツの香り。一応は鱒のムニエル辺りに焼いたスライスアーモンドなど・・・・。 ●入荷本数の少ない下↓のムロンは、インポータさんによると「スモークサーモンのクリームチーズ和え」となっていますが、こちらもそんな感じも良し、と。何となくマヨ系にも良いんじゃないかな?と。今日は台風が来ているんで早く帰る予定ですが、偶さかお土産にいただいたタラバガニなんて言う贅沢品もあるので、マヨ塗って炒め物にしてみようかな?などとと思いつつ強まる風雨にちょっとソワソワしています。 ●ブルゴーニュ系に較べるとずっと酸が堅くてがっつりと。で、ミネラルもしっかりついてくる。白っぽいスパイス香は何なのでしょうね?。ホワイトペッパーのようでもあり干した蓬のようでもあり、で置いておくと何となく果実味が開いてきてイイ感じです。あ~このナッティいさはピスタチオだな・・。400~500リットルの古樽で16ヶ月ほど熟成させていますが、程よく酸化している風もあり、時期が来ればカラスミなどをおつまみにしながら飲んでみたいと。そのままだと生臭いかも、なのでパスタにちょっとクリーム共に絡めてなどがよろしいのでは?でも、カラスミなんぞここ数年口にしたことはないので、おそらくタラコ当たりに落ち着くかな?でも飲み頃の2~3年先にはカラスミもどこからかお裾分けなどもあるかも知れない・・・と言うことで、今日はこの辺で。(2007.09.06 いのまた) ●一応、昨日は「蟹マヨ」でしたが、これが美味しいのなんの・・・ですがワイン持って帰るの忘れて・・でも、2日目飲みながら、かなりイイ線行っていたなと思っています。マヨネーズ入れる前のお醤油の一差しから来るお焦げ風味が効きましたね!。と、言うことでこちらのワイン。蟹が無けりゃホタテでも小エビでもマヨネーズさえあればこっちの物、と。滑らかなダーキー辺りだと、ロワールのシュナン・ブラン系が合うかと思いますが、キューピーやカゴメの幾分スッパ系の国産マヨにはこの辺りがよろしいのではと思う次第です・・・ ●それにしてももうちょっと寝かせて楽しみたいです、このワイン。酸もまろやかになってくれば、それこそ・・・鱒のムニエル。鱒はなかなか手に入らないので、鮭のフライにタルタルソースかな?パラパラとナッツの彩りは忘れずに。(2007.09.07 いのまた) ●ボールナールにお裾分けをもらったこの地方のこの季節(2月後半から3月あたま)の名物「カエル」のソテーなどを思い出しながら、再び飲んでみました。一応、鱒のムニエル、です。幾分スパイシーな、白胡椒的ニュアンスが膨らんできたような。充分な白い果実味もありますが一般的なシャルドネとはまたひと味ちがった微妙なバランスが魅力的。量は少し(小さいの5匹ぐらい)でイイから、やっぱりカエルが食べたくなります。(2008.03.01 いのまた) ドメーヌ・ボールナールシャルドネ ラ・ブラン・ド・ラ・ルージュ ACアルヴォワ・ピュピラン ブラン 2005 SALE,格安

ドメーヌグランキュルレ ジャン=マルクブリニョ マルク Marc AOCアルボワ トゥルソー プルサール 2004 人気セール,お得

●澱の混じった鈍く光るガーネット。エッジにはカッパーの色合いもちらほら。過熟なラズベリーやフランボワーズ。かつて還元的であった痕跡。落ち着きを取り戻し彩りとなる揮発産。ワイルドな鞣し皮のニュアンス。かつては決してスマートでは無い、汗臭さい、泥臭さい、生々恣意逞しさを持ったワインも、年月により研かれている。余分な要素を自らが拡散する事により取り込んで成長していく。同時によりシェイプアップされたボディへと・・。ジムで鍛えた作り物でなくて、毎日の仕事の中で鍛えられた・・見方を変えると、欠点というのは長い間に美点となる。 ●当然のことながら、オヴェルノワでもなくボールナールでもなく・・・・ブリニュ独特の世界観。葡萄に対してのある種の恐れを感じつつ、神経を集中させていく。おそらくそれはある意味たのしくない作業かもしれない。疲れちゃうんだろうな。その反動がその後に出ちゃったのかな?そしてこのワインが飲み頃を迎えたことと、ブリニョ自身が活動を再開した事・・・ようやく自分で作りたかったワインができた、ワインを思い出した・・・と、想像してみる。 ●トップの果実味は急激に拡散し、持続性はない。ともするとフェノレに近い負の香り・・・それでも魅力を隠せない葡萄の力、土地の力。口の中を通り抜けのど元に働きかけるようなストレートな味わい。唯一欠陥をあげるとすると・・・戻りの香り。混沌の痕跡。これを逆手に取れば・・・牛肉の網焼きに金山寺味噌とか、牛肉とニンニクの芽炒めにオイスターソースとか・・・「旨味」を凝縮させたところの味わいに合うのだろうか? ●たとえて言うなら・・ちょっとマイブームの炒り酒・・日本酒と梅干しと鰹だしを煮詰めて・・。果実味よりも旨味の集合。(2010.12.11 いのまた) ●こちらも心配なので,2日目も・・。やっぱり『安心感』はプレファスよりもこちらの『キュヴェ・マルク』の方があるね。トゥルソーが入ってる分だけタンニン系が効いているのかな?古いモルゴンの古酒に、少しグルナッシュ入れてみましたな感じ。やっぱり基本は薄切りの牛さんのお肉ですね。還元臭も落ち着いたところで・・・朴葉味噌なんて感じかな?贅沢言うなら「これだいじょぶ?」な金華ハムとかが素敵だと思う。(2010.12.12 いのまた) ●プルサール95%、トルソー5%。灰色を帯びた泥灰土に砂利が混ざった土壌。プルサールの間に少しトルソーが混じって植えられている区画。収穫した果実を100%除梗した後、ファイバータンクで2ヶ月間マセラシオンしてからプレス。SO2無し濾過無し。2005年9月に瓶詰め。プルサールの野性味とトルソーの黒こしょうのようなスパイシーさが現われている。 ●お届けするのは写真下の新しいラベルの物となります。 ドメーヌグランキュルレ ジャン=マルクブリニョ マルク Marc AOCアルボワ トゥルソー プルサール 2004 人気セール,お得

クリスチャンビネールピノノワール ノンフィルトレ2008 新作入荷,本物保証

●ビネール、毎年同じワインを仕込むのではなく、その年のコンディションを見ながらワインを仕込んでいく・・。このワインはビネールのピノ・ノワールとしては「カジュアル指向」なのですが、1996年に初めて作られそれ以降2001年、2004年、2005年そしてこの2008年と5回しか作られていない「幻?のカジュアル・ピノ」なんですね。・・・その通りにまずはコストパフォーマンスが高い。かといって決して濃いめの強い味わいではなく、ピノの優しさと奥行きを併せ持った「楽しめる」ワインになっています。 と言う事で、まだ2008年物の試飲コメントできていないのですが・・・少し前のヴィンテージのコメントでゴメンナサイ↓ ●で、どの程度カジュアルかというと・・・色が薄い、かと言って香りは実にフルーティ且つフローラリー!。コレはちょっとジュリアン・メイエー路線ではありませんか。飲んでみると、実はジュリアン・メイエーよりはずっと薄くてフラットな味わいですが、綺麗なシルエットを持っている。カジュアルと言うことで、すぐに飲んでしまった方がよいのでは?とも思いますが・・・イヤイヤ、あと1年ぐらいはしっかりと放っぽっておいた方が良さそうな感じですね。きちんとした旨味がともなってきますよ~。96年物について、おそらく2000年頃入荷で「早めに飲みましょう」とコメントしてますが、まだそこまで言っていないな~。今飲むならば、薄ぅ~く切ったチャーシューなどをおつまみにしたいかな? ●ブルゴーニュで言えば系統は「新ブルゴーニュ?」造り手でたとえるならばシャトー・ド・ショレーとかオーディフレッド的な綺麗な酸味(とりあえず2004年に限るけど)で、実に上質なまとめ方をしています。ある意味、ピノ・ノワールに求めたい味わい(個人的ですが)をしっかりと具現化しているのかな?・・・ふと、香醋を効かせた「蒸し餃子」食べたくなる早春の夜、でした。(2007.03.17 いのまた) ●で、例によっての2日目ですが・・・ジュリアン・メイエーにも似たシロップ調のピノが出ています。酸が幾分落ち着いてきたからなのかな?この辺りブルゴーニュの酸を中心に物語りが綴られるスタイルと違うんだよな・・・。ブルゴーニュ以上に太陽の光や土のミネラル感じるんですね、このクラスでも。この辺りはやはり「ビネール!」という処なんでしょうか?ふと、彼のワインに絵画的広がりなどを感じちゃっています。(2007.03.18 いのまた)  この2001年物のコメントです。ちょっとキュヴェの名前が異なりますが(ラベルにJ'ai comme p"tite Soifと書いてありました)・・・↓ ●1996年以来久しぶりに作られたビネールのピノ・ノワールです。例によってSO2少なめですが、今回はさらに「ノン・フィルター」の文字がラベルに加わりました。(・・・・これだけかい!)  何気に、その最初の年の1996年物も扱っています。そのコメントです↓ ●アルザスというとどうしても白ワインのイメージが強く、このビネールもまたその例外ではありません。しかし今回ご紹介するワインはピノ・ノワール。元々は個人消費用と醸造の勉強用にと作られたワインですが、今回縁あって日本での販売となりました。実はこの96年が彼らが始めた手がけた赤ワイン。そのまじめな手探りで作り上げた思いを感じていただければ、うれしいですね。 ●これは美味しいです。かなり寝ていますしアルザスのピノでもあるので、最初のころの瑞々しい果実味こそ残っていませんが、その痕跡を辿るようにしみ出てくるクリーンで複雑な酸の多重湊が楽しめます。立ち返ってその香りには梅やバラ、塩漬けの桜、紅茶、乾燥した落ち葉の軽いブーケにとみ、時間とともにその密度はましてきます。タンニンがしっかりと落ち付いているのが良いのかな?作り手の前向きさと時間によって作られた「結晶」の一つですね。 ●以前ご紹介させていただいたジュリアン・メイエーのピノとはやはりスタイルが異なります。こちらの方がクリーンかな?でも、お飲みになるのはお早めに。そろそろ限界と言う感じもしますね。1日ないし2日で飲みきってしまう方がいいでしょう。でまた、飲みきれるワインです。 クリスチャンビネールピノノワール ノンフィルトレ2008 新作入荷,本物保証

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 限定セール,豊富な

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。 ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 限定セール,豊富な

ピエール・フリックアルザス ピノ・ブラン 2004 新作入荷,最新作

●「王冠」の様子はこんな感じです。キャップシールを取り除くと、ポリのカバーの下に「王冠」が見えます。飲みきれなかった時にはどうすれば良いんだ?・・・・。(キャップシールを取り除く際、ソムリエ・ナイフのホイル・カッターは膨らんだ部分の下に当ててください) ピエール・フリックアルザス ピノ・ブラン 2004 新作入荷,最新作

ピエール・フリックアルザス ピノ・ブラン 2004 新品,品質保証

●「王冠」の様子はこんな感じです。キャップシールを取り除くと、ポリのカバーの下に「王冠」が見えます。飲みきれなかった時にはどうすれば良いんだ?・・・・。(キャップシールを取り除く際、ソムリエ・ナイフのホイル・カッターは膨らんだ部分の下に当ててください) ピエール・フリックアルザス ピノ・ブラン 2004 新品,品質保証

マルセルダイスアルザス ヴァンルージュ サンイッポリット 2004 爆買い,SALE

●ダイスの作る赤の2作目です。先ずはインポーターさんの資料より。   「2005年から新登場の、ダイス2作目となる赤。ピノノワール100%。0.5ha。平均樹齢20年。砂質、花崗岩質主体の軽めの乾燥土壌。このピノノワールの畑は、プルミエクリュ・ランゲンベルグの畑に隣接します。酸がきりりと立ちしっかりとした構造を持つワインを生むテロワールで、ダイスのピノノワールらしい、完熟したカシスを食べているようなリアルな果実味と、深いミネラルの風味が特徴的な、フェミナンでエレガントなワインです。年間生産量2000本の限定生産キュヴェ。」 ●ビュルレンベルグのような「沈黙」はない。もっとオープンで親しみやすい。赤い果実味と柔らかなタンニン。明るい日差しと通り抜ける風のすがすがしさ。ってコレアルザスかいっ?モレの一級ですね、この味わいは。何となくイメージするのはレミ・ジャニアールのモレ・サン=ドニ。一緒に飲めば違いがあるだろうけれど、非常にニアな感覚だな・・。alarの扱うアルザスのピノとしては非常に優しい仕上がり。ビネールやシュレールあるいはフリックのスタイルではないですね。ややジュリアン・メイエーの方によっているんでしょうかね?この優しさはヴィンテージの反映なのかな?黙って出せば・・・ブルゴーニュだよな・・・(2008.03.26 いのまた) ●2日目ですが・・・ますますモレ・サン=ドニ強めています。若干タンニンがばしっとして酸味をきちんと抑えているところが,あえて言うならアルザスと言うか、ジャン・ミッシェル・ダイスでしょうか?それにしても旨いです。飲み頃は,意外に「今」何となくバランス的にそんな感じです。それがこのワインを送り出した造り手の意図、かな?(2008.03.27 いのまた) マルセルダイスアルザス ヴァンルージュ サンイッポリット 2004 爆買い,SALE

クリスチャンビネールピノノワール ノンフィルトレ2008 本物保証,高品質

●ビネール、毎年同じワインを仕込むのではなく、その年のコンディションを見ながらワインを仕込んでいく・・。このワインはビネールのピノ・ノワールとしては「カジュアル指向」なのですが、1996年に初めて作られそれ以降2001年、2004年、2005年そしてこの2008年と5回しか作られていない「幻?のカジュアル・ピノ」なんですね。・・・その通りにまずはコストパフォーマンスが高い。かといって決して濃いめの強い味わいではなく、ピノの優しさと奥行きを併せ持った「楽しめる」ワインになっています。 と言う事で、まだ2008年物の試飲コメントできていないのですが・・・少し前のヴィンテージのコメントでゴメンナサイ↓ ●で、どの程度カジュアルかというと・・・色が薄い、かと言って香りは実にフルーティ且つフローラリー!。コレはちょっとジュリアン・メイエー路線ではありませんか。飲んでみると、実はジュリアン・メイエーよりはずっと薄くてフラットな味わいですが、綺麗なシルエットを持っている。カジュアルと言うことで、すぐに飲んでしまった方がよいのでは?とも思いますが・・・イヤイヤ、あと1年ぐらいはしっかりと放っぽっておいた方が良さそうな感じですね。きちんとした旨味がともなってきますよ~。96年物について、おそらく2000年頃入荷で「早めに飲みましょう」とコメントしてますが、まだそこまで言っていないな~。今飲むならば、薄ぅ~く切ったチャーシューなどをおつまみにしたいかな? ●ブルゴーニュで言えば系統は「新ブルゴーニュ?」造り手でたとえるならばシャトー・ド・ショレーとかオーディフレッド的な綺麗な酸味(とりあえず2004年に限るけど)で、実に上質なまとめ方をしています。ある意味、ピノ・ノワールに求めたい味わい(個人的ですが)をしっかりと具現化しているのかな?・・・ふと、香醋を効かせた「蒸し餃子」食べたくなる早春の夜、でした。(2007.03.17 いのまた) ●で、例によっての2日目ですが・・・ジュリアン・メイエーにも似たシロップ調のピノが出ています。酸が幾分落ち着いてきたからなのかな?この辺りブルゴーニュの酸を中心に物語りが綴られるスタイルと違うんだよな・・・。ブルゴーニュ以上に太陽の光や土のミネラル感じるんですね、このクラスでも。この辺りはやはり「ビネール!」という処なんでしょうか?ふと、彼のワインに絵画的広がりなどを感じちゃっています。(2007.03.18 いのまた)  この2001年物のコメントです。ちょっとキュヴェの名前が異なりますが(ラベルにJ'ai comme p"tite Soifと書いてありました)・・・↓ ●1996年以来久しぶりに作られたビネールのピノ・ノワールです。例によってSO2少なめですが、今回はさらに「ノン・フィルター」の文字がラベルに加わりました。(・・・・これだけかい!)  何気に、その最初の年の1996年物も扱っています。そのコメントです↓ ●アルザスというとどうしても白ワインのイメージが強く、このビネールもまたその例外ではありません。しかし今回ご紹介するワインはピノ・ノワール。元々は個人消費用と醸造の勉強用にと作られたワインですが、今回縁あって日本での販売となりました。実はこの96年が彼らが始めた手がけた赤ワイン。そのまじめな手探りで作り上げた思いを感じていただければ、うれしいですね。 ●これは美味しいです。かなり寝ていますしアルザスのピノでもあるので、最初のころの瑞々しい果実味こそ残っていませんが、その痕跡を辿るようにしみ出てくるクリーンで複雑な酸の多重湊が楽しめます。立ち返ってその香りには梅やバラ、塩漬けの桜、紅茶、乾燥した落ち葉の軽いブーケにとみ、時間とともにその密度はましてきます。タンニンがしっかりと落ち付いているのが良いのかな?作り手の前向きさと時間によって作られた「結晶」の一つですね。 ●以前ご紹介させていただいたジュリアン・メイエーのピノとはやはりスタイルが異なります。こちらの方がクリーンかな?でも、お飲みになるのはお早めに。そろそろ限界と言う感じもしますね。1日ないし2日で飲みきってしまう方がいいでしょう。でまた、飲みきれるワインです。 クリスチャンビネールピノノワール ノンフィルトレ2008 本物保証,高品質

ヴァンサントリコVdTシャルドネ Escargot 2013 新品,人気

●2013年のエスカルゴットは・・・?2012年物は果実味たっぷりな比較的濃いめの味わいでしたが、2013年は幾分軽めなのかな?と言う予想ですが・・・取り敢えず試飲完了まで暫くお待ちを。  2012年物のコメントです・・・ ●こちらもV.D.Q.S.コート・ド・オーヴェルニュが無くてVdTのシャルドネ、2012年物です。デジレと同じ畑のシャルドネを使い、225Lの5年樽で11ヶ月の熟成後瓶詰めされたもの。シャルドネなんですけど、何と無くもっと優しい・・・ユニ・ブランとかピノ・ブラン的な味わいです。でも、その優しさと反対の力強さを持っている・・・トロワボンノム同様に2012年は厚みがあります。幾分クラシックに作られていますが桃の花と実を同時に楽しめるような・・・そんな楽しさがいっぱい。    2006年物のコメントです。 ●あ~ビックリした。これって金井さんところとか小林さんところとかの「甲州」じゃないですか~!トリコのシャルドネ、初めて飲んだんですがかなりシャープでナイスでクール、です。甲州みたいなグリな苦味ではなく、もっと洗練されてはいますが、飲んでいてブルブル鳥肌立ってきます。だって美味しいんだもん!久しぶりに「!:ビックリマーク」連発ワインですね・・・・。広い丘陵地帯、遠くに高い山を見晴らし、空高くに鳶がくるりと輪を描いた、と。ラベルの景色が目に浮かびます。 ●ナント言ってもこの美味しさの魅力はスムーズ感、上のピノ・ノワールと共にサクサク飲んで共に三分の一ぐらいしか残っておりませんが、そのくらいのおいしさ。昆布締めの甘鯛がつまみにあればな~とプルプルしています。 ●なんでしょうか、alarのところでは『本来シャルドネは非常にニュートラルな味わい』と申しあげておりますが、そのニュートラルなところでフルに葡萄の力を解放している、そんな感じの作りですね・・。岸平さんのところの『ピュア・シャルドネ』にもにているかな・・・・。昔のウイスキーのコピーじゃないけれど「何も足さない、何も引かない」ピュアなワインの味わいです。(2008.01.23 いのまた) ヴァンサントリコVdTシャルドネ Escargot 2013 新品,人気

ジェラールシュレールAOCアルザス エデルツヴィッケル エデル・デ・ノエル 2002 人気,新作

●エデルツヴィッケルは通常、アルザスの代表的なブドウ品種をブレンドしたワインにつけられる呼称ですが、こちらはピノ・ノワール単独で白ワインに仕立てられたワイン、「ブラン・ド・ノワール」となります。そしてそのピノ・ノワールはシュレールの秘蔵の畑「シャン・デ・ゾワゾー」のものを使っています。 ●さて、ブラン・ド・ノワールどうでしょう?シャンパーニュではいくつか経験在りますが、スティルワインのブラン・ド・ノワール、というのはかなり珍しいですね。・・・・さてグラスに注ぐと・・・・確かに白ワインの色調ですが・・・・ゴールドから薄い琥珀色、と言う感じです・・・艶がでています。香りはリンゴ、洋ナシしかもかなり熟していますね。ミネラルに乗ったハーブ、カルダモン、タイム。檜のニュアンスもあります、蜜蝋かな?そしてこれが次第に甘さに替わってきます。本当に極最初のうちだけピノっぽい甘い果実系の香りがしましたが・・・・不思議ですね。 ●口に含むと・・・・甘いです!これてっきり辛口だと思っていたのですが・・・不思議な香りがするはずです!甘くて、美味しい。最高の状態で採れたブドウを、そのとき以上の状態でワインに仕込む。まさしくそんな感じですね。・・・・・ワイン名の「Edel」ドイツ語で「高貴な」と言う意味合いですが、フランス語の辞書には載っていない単語です。フランス語で「高貴な」は「Noble」アルザスの貴腐ワインは「セレクション・ド・グラン・ノーブル」この辺り引っかけたネーミングなのでしょうか?・・・と考えているうちに、味わいはどんどん美味しくなっています。完全な貴腐ではなさそうですがロワールで行くと、「モワロー」辺りかなもう少し上かも知れません?ピノらしい?酸がイイですね、最初のうちは。そこで暫く置くと丸い甘味がでてきます。・・・これ本当にピノなのかな?冷やして美味しい焼きリンゴ的ワイン。あっ!だから時期は「ノエル=クリスマス」なのかな~?・・・・ふと思い出すと、70年代のラインガウのとびきり上等アウスレーゼ?ボディの強さが少し違う気もしますが・・・これは絶対クセになります!(2004.04.27 いのまた) この年の「シャン・デ・ゾワゾー」僅か一樽半しか作られていません。天候不順でブドウがダメになり、これだけしたできなかったというわけですが、「ダメになった」ブドウで作られたのがこちらのエデル・デ・ノエル」。生産量は僅かに180本、うち60本はシュレールの自家消費用に、60本はパリのワインバーに、そして残り60本が日本に入ってきました。「ダメになった=腐ったブドウ」というのは「貴」の字が付いて「腐った」のか?正直言ってすさまじい美味しさのワインです。インポータさんのラシーヌさんからメールをいただきました・・・「貴腐では無いです」。なるほどね。この甘さどこから来ているんだろう?かなり不思議なワインです。・・・作りも通常の白ワインとは異なります。通常は一旦ブドウの果実を圧搾し、果汁だけを発酵させますが、こちらはブドウを破砕し赤ワイン同様の醸しに入ります。その後下の方の澄んだ果汁を抜き取り、以下発酵させるという手順を踏んでいます(その為最初から色合いが濃いんですね)。2002年は雨が多くてその為収穫時に傷の付いてしまったブドウを使って・・・これだけのワインを作るのですから・・・。 こちらのページではジェラール・シュレールのワインのうち、グラン・クリュ・クラスあるいはヴァンダンジュ・タルディブ、セレクション・グランノーブル、あるいはそれに相当しそうな怪しいポジションのワインをご紹介しています。 ジェラールシュレールAOCアルザス エデルツヴィッケル エデル・デ・ノエル 2002 人気,新作

ジェラールシュレールAOCアルザス ゲヴェルツトラミネール 2004 人気定番,爆買い

●ほどよく寝かせた2004年物です。 ●このゲヴェルツもシュレールらしいきれいなワインです。アルザスと言うよりもドイツのシュペートレーゼかアウスレーゼのトロッケン仕立てに近いかな?それでもやはりしっかりしたボディはアルザスならではの逞しさ。やはり酸がしっかりとしてるので、ゲヴェルツの強い香りと厚みのあるボディだけに終始せず、美味しいワインのバランスが取れていますね。エキゾチシズム溢れる香りは中華料理かな?ホタテの豆醤炒めや、八角の効いた赤いチャーシューなどをおつまみに、と言ったところでしょうか。とろとろと煮込んだ豚肉ポトフ風、ローリエやコリアンダーなんかを効かせた煮込み料理なども合いそうです。オレンジ風の後味はポリネシアン風ポークソテーなどにもいいかもね。 ●こちらも3日目インプレッションと行きたかったところですが、クイクイと一日で空いてしまったようです。自宅に持ち帰ったのがいけなかったようです。 父親のジェラールが畑を、息子さんのブルーノがワイン醸造をそれぞれ担当し7haほどの畑から自然な味わいのワインを作り出すアルザスの作り手です。特に認証は取っていませんが、シュレールの畑はすべて何十年にも渡って一度も除草剤や化学肥料を使っていない全く健全な状態です。収穫量を低く抑え、濃縮度の高いブドウを作るように心がけています。ワインの熟成は中ぐらいのフードル(やや大きめの樽)を使い澱と共に寝かせ、酸化防止剤の使用も最低限にとどめています。 ワインは他のアルザス・ワインとはまた一味違った独特の風味を備え、鋭い酸が奥行きのある果実味をしっかりと支え、高いレベルでバランスの整った、ミネラリーで凝縮度の高いワインです。教科書にでるような典型的なアルザスとは趣を異にしますが、普段のお食事のお供にぜひどうぞ!と言うワインですね。 ・・・・・・こちらではシュレールのベーシックなラインをご紹介しています。上のクラスはこちら→のページで。 ジェラールシュレールAOCアルザス ゲヴェルツトラミネール 2004 人気定番,爆買い

ドーメーヌ・ジャン・ガングランジェAOCアルザス リースリング2007 安い,HOT

●アルザスのリースリングとしてはそれほど肉厚ではなく、むしろフルーティーな処はドイツ系かな?と言うこちらのワイン。本年8月くらいの試飲会でイイ感じでしたので押さえておきましたが・・・11月6日発行の「dancyu」のワイン特集でなかなか高い評価を得ています。で、あらためて飲んでみました・・・。 ●今回の評価メンバー、かなり試行的に自然派とか、オーストリー派とか日本派とかいろいろな人なので、かなり結果的には面白い結果になっています。このワインも非常にフルーティーで飲みやすい。言い換えれば判りやすい。あえて欠点をあげるならば揮発酸がチョット高いかな?な点ですが、それもこのワインの素性を考えればしっかりと、香りに彩りを添える範囲で収まっている。なるほどな、なワインです。 ●感じ的にはエビフライにタルタルソースをたっぷりかけて、問うところですね。ホタテとか蟹とかのクリームコロッケなどもイイ感じだと思います。いわゆる「おうちご飯」的な気軽な美味しさ。で、それとなくな色気もあったりするところが良いのかな?先ずはお試し下さい。(2008.11.07 いのまた) ドーメーヌ・ジャン・ガングランジェAOCアルザス リースリング2007 安い,HOT

ジェラールシュレールAOCアルザス ピノ・ブラン H アッシュ 1998 数量限定,格安

●おそらくビルドシュトイックルの一区画ウヌルレ産のピノ・ブランなのだと思うのですが・・・・キュベが多くて・・・さかのぼって1998年物が入荷しました。(写真は2003年物のままです) 父親のジェラールが畑を、息子さんのブルーノがワイン醸造をそれぞれ担当し7haほどの畑から自然な味わいのワインを作り出すアルザスの作り手です。特に認証は取っていませんが、シュレールの畑はすべて何十年にも渡って一度も除草剤や化学肥料を使っていない全く健全な状態です。収穫量を低く抑え、濃縮度の高いブドウを作るように心がけています。ワインの熟成は中ぐらいのフードル(やや大きめの樽)を使い澱と共に寝かせ、酸化防止剤の使用も最低限にとどめています。 ワインは他のアルザス・ワインとはまた一味違った独特の風味を備え、鋭い酸が奥行きのある果実味をしっかりと支え、高いレベルでバランスの整った、ミネラリーで凝縮度の高いワインです。教科書にでるような典型的なアルザスとは趣を異にしますが、普段のお食事のお供にぜひどうぞ!と言うワインですね。 ・・・・・・こちらではシュレールのベーシックなラインをご紹介しています。上のクラスはこちら→のページで。 ジェラールシュレールAOCアルザス ピノ・ブラン H アッシュ 1998 数量限定,格安

クリスチャンビネールピノノワール ノンフィルトレ2008 全国無料,新作登場

●ビネール、毎年同じワインを仕込むのではなく、その年のコンディションを見ながらワインを仕込んでいく・・。このワインはビネールのピノ・ノワールとしては「カジュアル指向」なのですが、1996年に初めて作られそれ以降2001年、2004年、2005年そしてこの2008年と5回しか作られていない「幻?のカジュアル・ピノ」なんですね。・・・その通りにまずはコストパフォーマンスが高い。かといって決して濃いめの強い味わいではなく、ピノの優しさと奥行きを併せ持った「楽しめる」ワインになっています。 と言う事で、まだ2008年物の試飲コメントできていないのですが・・・少し前のヴィンテージのコメントでゴメンナサイ↓ ●で、どの程度カジュアルかというと・・・色が薄い、かと言って香りは実にフルーティ且つフローラリー!。コレはちょっとジュリアン・メイエー路線ではありませんか。飲んでみると、実はジュリアン・メイエーよりはずっと薄くてフラットな味わいですが、綺麗なシルエットを持っている。カジュアルと言うことで、すぐに飲んでしまった方がよいのでは?とも思いますが・・・イヤイヤ、あと1年ぐらいはしっかりと放っぽっておいた方が良さそうな感じですね。きちんとした旨味がともなってきますよ~。96年物について、おそらく2000年頃入荷で「早めに飲みましょう」とコメントしてますが、まだそこまで言っていないな~。今飲むならば、薄ぅ~く切ったチャーシューなどをおつまみにしたいかな? ●ブルゴーニュで言えば系統は「新ブルゴーニュ?」造り手でたとえるならばシャトー・ド・ショレーとかオーディフレッド的な綺麗な酸味(とりあえず2004年に限るけど)で、実に上質なまとめ方をしています。ある意味、ピノ・ノワールに求めたい味わい(個人的ですが)をしっかりと具現化しているのかな?・・・ふと、香醋を効かせた「蒸し餃子」食べたくなる早春の夜、でした。(2007.03.17 いのまた) ●で、例によっての2日目ですが・・・ジュリアン・メイエーにも似たシロップ調のピノが出ています。酸が幾分落ち着いてきたからなのかな?この辺りブルゴーニュの酸を中心に物語りが綴られるスタイルと違うんだよな・・・。ブルゴーニュ以上に太陽の光や土のミネラル感じるんですね、このクラスでも。この辺りはやはり「ビネール!」という処なんでしょうか?ふと、彼のワインに絵画的広がりなどを感じちゃっています。(2007.03.18 いのまた)  この2001年物のコメントです。ちょっとキュヴェの名前が異なりますが(ラベルにJ'ai comme p"tite Soifと書いてありました)・・・↓ ●1996年以来久しぶりに作られたビネールのピノ・ノワールです。例によってSO2少なめですが、今回はさらに「ノン・フィルター」の文字がラベルに加わりました。(・・・・これだけかい!)  何気に、その最初の年の1996年物も扱っています。そのコメントです↓ ●アルザスというとどうしても白ワインのイメージが強く、このビネールもまたその例外ではありません。しかし今回ご紹介するワインはピノ・ノワール。元々は個人消費用と醸造の勉強用にと作られたワインですが、今回縁あって日本での販売となりました。実はこの96年が彼らが始めた手がけた赤ワイン。そのまじめな手探りで作り上げた思いを感じていただければ、うれしいですね。 ●これは美味しいです。かなり寝ていますしアルザスのピノでもあるので、最初のころの瑞々しい果実味こそ残っていませんが、その痕跡を辿るようにしみ出てくるクリーンで複雑な酸の多重湊が楽しめます。立ち返ってその香りには梅やバラ、塩漬けの桜、紅茶、乾燥した落ち葉の軽いブーケにとみ、時間とともにその密度はましてきます。タンニンがしっかりと落ち付いているのが良いのかな?作り手の前向きさと時間によって作られた「結晶」の一つですね。 ●以前ご紹介させていただいたジュリアン・メイエーのピノとはやはりスタイルが異なります。こちらの方がクリーンかな?でも、お飲みになるのはお早めに。そろそろ限界と言う感じもしますね。1日ないし2日で飲みきってしまう方がいいでしょう。でまた、飲みきれるワインです。 クリスチャンビネールピノノワール ノンフィルトレ2008 全国無料,新作登場

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 豊富な,新品

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。 ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 豊富な,新品

ヴァンサントリコVdTシャルドネ Escargot 2013 本物保証,お買い得

●2013年のエスカルゴットは・・・?2012年物は果実味たっぷりな比較的濃いめの味わいでしたが、2013年は幾分軽めなのかな?と言う予想ですが・・・取り敢えず試飲完了まで暫くお待ちを。  2012年物のコメントです・・・ ●こちらもV.D.Q.S.コート・ド・オーヴェルニュが無くてVdTのシャルドネ、2012年物です。デジレと同じ畑のシャルドネを使い、225Lの5年樽で11ヶ月の熟成後瓶詰めされたもの。シャルドネなんですけど、何と無くもっと優しい・・・ユニ・ブランとかピノ・ブラン的な味わいです。でも、その優しさと反対の力強さを持っている・・・トロワボンノム同様に2012年は厚みがあります。幾分クラシックに作られていますが桃の花と実を同時に楽しめるような・・・そんな楽しさがいっぱい。    2006年物のコメントです。 ●あ~ビックリした。これって金井さんところとか小林さんところとかの「甲州」じゃないですか~!トリコのシャルドネ、初めて飲んだんですがかなりシャープでナイスでクール、です。甲州みたいなグリな苦味ではなく、もっと洗練されてはいますが、飲んでいてブルブル鳥肌立ってきます。だって美味しいんだもん!久しぶりに「!:ビックリマーク」連発ワインですね・・・・。広い丘陵地帯、遠くに高い山を見晴らし、空高くに鳶がくるりと輪を描いた、と。ラベルの景色が目に浮かびます。 ●ナント言ってもこの美味しさの魅力はスムーズ感、上のピノ・ノワールと共にサクサク飲んで共に三分の一ぐらいしか残っておりませんが、そのくらいのおいしさ。昆布締めの甘鯛がつまみにあればな~とプルプルしています。 ●なんでしょうか、alarのところでは『本来シャルドネは非常にニュートラルな味わい』と申しあげておりますが、そのニュートラルなところでフルに葡萄の力を解放している、そんな感じの作りですね・・。岸平さんのところの『ピュア・シャルドネ』にもにているかな・・・・。昔のウイスキーのコピーじゃないけれど「何も足さない、何も引かない」ピュアなワインの味わいです。(2008.01.23 いのまた) ヴァンサントリコVdTシャルドネ Escargot 2013 本物保証,お買い得

ジュリアンメイエーアルザス プティ・フルール ミュスカ 2006 新品,お得

●これまた新井さんところのKさんのコメント・・実にわかりやすい!   「Rieslingがグレース・ケリーなら、Muscatは楊貴妃です。こちらも上品なライチや華やかな花束の嵐!一般的に軽視された目で見られがちな品種ですが、それは造り手の力量による差だと言うことが一目瞭然です。香り、味わい、アルコール感全てがパワー溢れているのですが、どれもバランスが良いため、頂上で見事に集結していると言ったところでしょうか」ワインの全体的なイメージをしっかりと感じられますね。なるほど・・・ ●・・楊貴妃のお相手というのは玄宗皇帝でしたっけ?それはともかくムスカの語源となるムスクの香り・・・結構でているじゃ無いですか・・これは楊貴妃と言うよりも貂蝉と言った感じの怪しさ、だゾ。丁度上のリースリングのところで油淋鶏のこと考えながら、フカヒレスープとか鶏肉のカシューナッツ炒めとかいろいろと考えていたんですが、こちらのムスカ、「鶏肉のカシューナッツ炒め」にピッタリですね。で、それはそうとこのクラスでの味わいを考えると、確かに突出してバランスが良い。そもそもアルザスのワインって、決してその香りの華やかさを競うワインでは無いのですね。むしろ味わいの終着点がどうなるか・・・。だから意外に香りが鼻を通らず、むしろ舌に印象が集中する・・この辺りで考えるとかなりクラスは越えている。 ●あ~。この香り木蓮の香りかな?それも白いやつね。毎日お昼ご飯、週の内3日は中華もの食べているけれど、偶にはグルグル回るテーブルでふんだんにグルメなまねごとしてみたいです。(2008.03.26 いのまた) ●ここ数日「アルザス漬け」なんですが、ふとジェラール・シュレールとかと比較しながら飲んでいると、パトリックのワインと言うのはどこか女性的な物腰の柔らかさがあるんですね。香りにしろ、酸味にしろ、バランスにしろ・・・先日新井順子さんに通訳していただきながらパトリックといろいろと話をさせてもらいましたが、その合間合間で彼女曰く「パトリックって結構シャイなのよ~。で、いろいろと言葉を遠回し、遠回しに説明するのよね~」とぼやいていたのですが・・・・なるほどそん感じですね。2日目となり果実味の向こうから、ピリピリとしたアクセント。ゲヴェルツ=薬草の様なほどな香りが出て来ました。モーゼルの銘醸アインツェル・ラーゲ、ヴュルツ・ガルテン(日本語に訳すと薬草畑)の味わいだ~!懐かしいな・・・。パトリック、口では「葡萄に任せて」と言っているけど、ホントはどうなの?楊貴妃だってただ美人だから歴史に名を残したんじゃないんだよね・・・・。(2008.03.27 いのまた) 2003年の春の試飲会でこちらのワインを幾つか試飲させていただきました。その感想は「まさに驚くべきワイン達」どのワインも飲んでワクワクする美味しさがあります。アルザス本来の力強さに加え、エレガントでのびのびとした生命力が感じられます。これはオススメと言うことで、順々にご紹介してきたいと思っています。 では例によって、このワインをご紹介いただいた新井さんの、熱のこもったドメーヌのご案内です。 アルザス地方の首都ストラスブルグより南コルマール方向に下った所にノータンテールという村があります。何とワイン通り(Route du Vin)という素敵な住所なので、訪問する前からワクワクです。だって知る人ぞ知る‘ジュリアン・メイエー’はビオディナミ実践者の間では有名にも拘らず、雑誌などの媒体が嫌いで、一切マスコミに出ていない醸造家なのです。勿論、今、信憑性の高いClassementにも出ていません。レベルからすると当然出てもおかしくないほど偉大な醸造家なのですが、サンプルを送らないから出ないのは当然です。例えばプリウレ・ロックが出ていないのと一緒で、宣伝する必要のない造り主は、サンプルを送る必要もないのです。  その幻の醸造家、噂にはかなり気難しい人と聞いておりました。久しぶりに緊張した訪問です。でも会ってみるとそんな噂とはかけ離れて、学者肌の素晴らしいインテリ醸造家。バイオダイナミックの実践者で理論ばかり先行しがちに見える昨今、彼の実践の伴った理論には驚かされっぱなしです。勿論、彼の作ったワインは素晴らしいの一言です。彼の所には有名ソムリエや有名レストラン、ワイン評論家が沢山コンタクトを取ってくるらしいのです。でもサンプルワインは送りません。そして会っていない人へのワイン販売は一切行っていないのです。普通は喜んで送るのがほとんどです。でも彼はここに直接訪問してくれた人には喜んで自分のワインを紹介するけれど、郵送で送ったりは絶対にしないそうです。言われてみると正統派な意見ですが、それは理想であって、なかなか実践出来ないのが現状です。でもそれを頑なに行い続けているポリシーの持ち主、ですから噂に尾ひれが付いて、神秘的な存在にさえなってしまうのですが、実際はオープンで職人気質の方であります。  1705年から存在する歴史ある造り主で、もともとほとんどBIOの農法でした。彼の代に1990年から完全無農薬(ビオロジック)に切り替え、1999年から100%ビオディナミ農法にしました。一見優等生に見える彼も、学生の頃は勉強しない悪い生徒だったけれど、沢山のワインを飲んでいるうちに自分の中のワイン作りに目覚めたと語っておりました。7歳・10歳・13歳の女の子と奥様の5人家族。アメリカにも輸出されロバート・パーカーも高い評価を下しております。彼から教わった事は沢山あり過ぎるのですが、素晴らしい名言の中の1つ「土を醸造家が借りている」と言っておりました。大きな自然界の中で、今、この瞬間「借りさせて頂いている、だからいいかげんな仕事をしてはいけない」そうです。 私の尊敬する醸造家が叉1人増えました。パトリック・メイエー氏です。(お父様の名前がジュリアン氏) ジュリアン・メイエーの作る「クレマン・ダルザス1998ブリュット『0』はこちらでご紹介しています ジュリアンメイエーアルザス プティ・フルール ミュスカ 2006 新品,お得

ジュリアンメイエーシルヴァーネル ツェルベルク ヴィエイユ・ヴィーニュアルザス 1998 新作入荷,100%新品

●シルヴァーネルらしからぬ豊潤な香りに満ちたワインです。アルコール度数13.61度。6年間の熟成を経て今ようやく飲み頃。樹齢の重さを感じる奥行きのある味わいが楽しめます。 ●ヘ~、ハイランドのモルトみたい!気持ちの良い香りです。熟成感に乗ったハーブの香り。しかも重さを感じさせることなく「軽妙」な印象です。味わいに多少スモーキーな燻製の印象を残しながらもリンゴ的な柔らかい酸味、バランス良いです。これはいきなり「アワビの煮貝」かな?優しい「旨味」がイイですね。アフターにグッと盛り上がるスモーキーなところを良しとするならサーモンや、鶏肉、チーズなどの燻製。こうしたおつまみがあると、ちょっとアブナイワインとなりそうです。・・・・少しあぶった唐墨なんぞも、生唾物ですね・・・。 ●・・・と書いている内に寝ていた果実味が起きてきました。干したプルーンの香りがたっぷり。少しトロピカルなニュアンスも持っています。こうなると唐墨はあきらめます。鯖、と言うよりも「マッカレル」の燻製。少し厚めに切ってレモンなど垂らして・・・これは酒飲みにはたまりません。・・・ところでこのワイン、ブドウはなんでしたっけ?あっ、シルヴァーネル!とてもシルヴァーネルとは思えませんね。ドイツのフランケンとはまた異なったシルヴァーネルの底力のでたワインです。(2005.05.18 いのまた) 2003年の春の試飲会でこちらのワインを幾つか試飲させていただきました。その感想は「まさに驚くべきワイン達」どのワインも飲んでワクワクする美味しさがあります。アルザス本来の力強さに加え、エレガントでのびのびとした生命力が感じられます。これはオススメと言うことで、順々にご紹介してきたいと思っています。 では例によって、このワインをご紹介いただいた新井さんの、熱のこもったドメーヌのご案内です。 アルザス地方の首都ストラスブルグより南コルマール方向に下った所にノータンテールという村があります。何とワイン通り(Route du Vin)という素敵な住所なので、訪問する前からワクワクです。だって知る人ぞ知る‘ジュリアン・メイエー’はビオディナミ実践者の間では有名にも拘らず、雑誌などの媒体が嫌いで、一切マスコミに出ていない醸造家なのです。勿論、今、信憑性の高いClassementにも出ていません。レベルからすると当然出てもおかしくないほど偉大な醸造家なのですが、サンプルを送らないから出ないのは当然です。例えばプリウレ・ロックが出ていないのと一緒で、宣伝する必要のない造り主は、サンプルを送る必要もないのです。  その幻の醸造家、噂にはかなり気難しい人と聞いておりました。久しぶりに緊張した訪問です。でも会ってみるとそんな噂とはかけ離れて、学者肌の素晴らしいインテリ醸造家。バイオダイナミックの実践者で理論ばかり先行しがちに見える昨今、彼の実践の伴った理論には驚かされっぱなしです。勿論、彼の作ったワインは素晴らしいの一言です。彼の所には有名ソムリエや有名レストラン、ワイン評論家が沢山コンタクトを取ってくるらしいのです。でもサンプルワインは送りません。そして会っていない人へのワイン販売は一切行っていないのです。普通は喜んで送るのがほとんどです。でも彼はここに直接訪問してくれた人には喜んで自分のワインを紹介するけれど、郵送で送ったりは絶対にしないそうです。言われてみると正統派な意見ですが、それは理想であって、なかなか実践出来ないのが現状です。でもそれを頑なに行い続けているポリシーの持ち主、ですから噂に尾ひれが付いて、神秘的な存在にさえなってしまうのですが、実際はオープンで職人気質の方であります。  1705年から存在する歴史ある造り主で、もともとほとんどBIOの農法でした。彼の代に1990年から完全無農薬(ビオロジック)に切り替え、1999年から100%ビオディナミ農法にしました。一見優等生に見える彼も、学生の頃は勉強しない悪い生徒だったけれど、沢山のワインを飲んでいるうちに自分の中のワイン作りに目覚めたと語っておりました。7歳・10歳・13歳の女の子と奥様の5人家族。アメリカにも輸出されロバート・パーカーも高い評価を下しております。彼から教わった事は沢山あり過ぎるのですが、素晴らしい名言の中の1つ「土を醸造家が借りている」と言っておりました。大きな自然界の中で、今、この瞬間「借りさせて頂いている、だからいいかげんな仕事をしてはいけない」そうです。 私の尊敬する醸造家が叉1人増えました。パトリック・メイエー氏です。(お父様の名前がジュリアン氏) ジュリアン・メイエーの作る「クレマン・ダルザス1998ブリュット『0』はこちらでご紹介しています ジュリアンメイエーシルヴァーネル ツェルベルク ヴィエイユ・ヴィーニュアルザス 1998 新作入荷,100%新品

ジュリアンメイエーピノノワール レピエールシャウド アルザス 2008 大得価,限定SALE

●ジュリアン・メイエーのピノらしい薄め且つ幾分オレンジ色の混じった色合い。香りは甘くも果実味は中庸。その一方でボディの構造、そしてタンニンはしっかりとしている。深みはないけど、要素にメリハリがある・・・少し時間が掛かるかな?雰囲気的には1999年のピノ・ノワール「ハイセンシュタインVV」にも似ているこの感じ、個人的に少し懐かしくもある味わいです。 ●・・・・そして、しばしグラスで遊ばせておいて上げると・・・幾分まとまってきますね。こりゃ翌日の方が美味しいかな?やはり果実味がまだ十分に出きってはいませんが、ボディの強さが落ち着き始めると・・・・気持ちニュイ・サン=ジョルジュ、かな?此処で「ジョボジョボつぎ」やってみようかな?と言うことで、今日はそう言えば佐藤さん登場のNHK「プロフェッショナル」の日と思いだし・・・。お楽しみは、明日ナノダ!(2007.10.23 いのまた) ●う~ん、2日目。昨晩は佐藤さん「プロフェッショナル」で瓶を振っていましたね・・・よい子はマネをしてはいけません。幾分酸の纏まりが緩くなってクラス的なところを感じつつも、旨味はしっかり残っている、憎いヤツ。牛かな豚かな?いずれにしても最近alarは「切り落とし」とか「細切れ」とか薄くてちっちゃいのしか買いませんので、共に薄味で味付けして・・・・。どうも調子悪いせいか気の利いたコメント残せずに・・・、残り全部飲んじゃっています・・・(23日の翌日 いのまた) 2003年の春の試飲会でこちらのワインを幾つか試飲させていただきました。その感想は「まさに驚くべきワイン達」どのワインも飲んでワクワクする美味しさがあります。アルザス本来の力強さに加え、エレガントでのびのびとした生命力が感じられます。これはオススメと言うことで、順々にご紹介してきたいと思っています。 では例によって、このワインをご紹介いただいた新井さんの、熱のこもったドメーヌのご案内です。 アルザス地方の首都ストラスブルグより南コルマール方向に下った所にノータンテールという村があります。何とワイン通り(Route du Vin)という素敵な住所なので、訪問する前からワクワクです。だって知る人ぞ知る‘ジュリアン・メイエー’はビオディナミ実践者の間では有名にも拘らず、雑誌などの媒体が嫌いで、一切マスコミに出ていない醸造家なのです。勿論、今、信憑性の高いClassementにも出ていません。レベルからすると当然出てもおかしくないほど偉大な醸造家なのですが、サンプルを送らないから出ないのは当然です。例えばプリウレ・ロックが出ていないのと一緒で、宣伝する必要のない造り主は、サンプルを送る必要もないのです。  その幻の醸造家、噂にはかなり気難しい人と聞いておりました。久しぶりに緊張した訪問です。でも会ってみるとそんな噂とはかけ離れて、学者肌の素晴らしいインテリ醸造家。バイオダイナミックの実践者で理論ばかり先行しがちに見える昨今、彼の実践の伴った理論には驚かされっぱなしです。勿論、彼の作ったワインは素晴らしいの一言です。彼の所には有名ソムリエや有名レストラン、ワイン評論家が沢山コンタクトを取ってくるらしいのです。でもサンプルワインは送りません。そして会っていない人へのワイン販売は一切行っていないのです。普通は喜んで送るのがほとんどです。でも彼はここに直接訪問してくれた人には喜んで自分のワインを紹介するけれど、郵送で送ったりは絶対にしないそうです。言われてみると正統派な意見ですが、それは理想であって、なかなか実践出来ないのが現状です。でもそれを頑なに行い続けているポリシーの持ち主、ですから噂に尾ひれが付いて、神秘的な存在にさえなってしまうのですが、実際はオープンで職人気質の方であります。  1705年から存在する歴史ある造り主で、もともとほとんどBIOの農法でした。彼の代に1990年から完全無農薬(ビオロジック)に切り替え、1999年から100%ビオディナミ農法にしました。一見優等生に見える彼も、学生の頃は勉強しない悪い生徒だったけれど、沢山のワインを飲んでいるうちに自分の中のワイン作りに目覚めたと語っておりました。7歳・10歳・13歳の女の子と奥様の5人家族。アメリカにも輸出されロバート・パーカーも高い評価を下しております。彼から教わった事は沢山あり過ぎるのですが、素晴らしい名言の中の1つ「土を醸造家が借りている」と言っておりました。大きな自然界の中で、今、この瞬間「借りさせて頂いている、だからいいかげんな仕事をしてはいけない」そうです。 私の尊敬する醸造家が叉1人増えました。パトリック・メイエー氏です。(お父様の名前がジュリアン氏) ジュリアン・メイエーの作る「クレマン・ダルザス1998ブリュット『0』はこちらでご紹介しています ジュリアンメイエーピノノワール レピエールシャウド アルザス 2008 大得価,限定SALE

ジェラールシュレールAOCアルザス リースリングゼロデフォルト 2000 最新作,SALE

●これもわざわざ「グランクリュの表示を消して」印刷しています。・・・こりゃ確信犯だな・・・。 こちらのページではジェラール・シュレールのワインのうち、グラン・クリュ・クラスあるいはヴァンダンジュ・タルディブ、セレクション・グランノーブル、あるいはそれに相当しそうな怪しいポジションのワインをご紹介しています。 ジェラールシュレールAOCアルザス リースリングゼロデフォルト 2000 最新作,SALE

ジュリアンラベコートドジュラ ルージュピノノワール ナチュール レヴァロン2013 激安大特価,本物保証

●平均樹齢30年のピノ・ノワール100%。やや淡いルビー色。ピノノワールらしい梅しそキノコの香りには、ジュラらしくやや影があり仄暗さを感じますがそこはさすがのジュリアン。白程華やかではないですが、その中にキラリと光る華をこのキュベでは各要素のバランスで表現してるようです。上品というよりも寧ろチャーミングで素直なイチゴ系果実味。果実味も酸味もタンニンもアタックもアフターもある意味とても静かにうたってるようで、それぞれが自らを強く主張せず全ての要素が均等に外に広がっておりバランスが最高。ジュリアンの仕事の実直さがある意味よく現れたキュベといえます。SO2:無添加 トータル20mg/L 天然アルコール度数:10.8%   コメントする間も無く・・・売り切れてしまった2010年物の………です ●まずは新井順子さんのコメントです。  「このワインは芸術作品です。無駄なものを一切削り、本当の純粋な葡萄のエキスだけを瓶に詰めた、透明感の高いピノ・ノワール。「こんなに糖度が乗ったのは初めてなんだ」と嬉しそうにジュリアンが説明してくれましたが、私としては頭をたたかれた感じです。このワイン、誰かのオクセイ・デュレスにそっくりですね。ただただ美味しいです。ジュリアンにブルゴーニュのGrand Cruを醸造して貰いたい! と思うのは私だけではないはずです。 ●飲んでみたとこ↑この味のオクセ・デュレス作ると言えばフレデリック・コサールしかいないよな・・・と思いつつ少し暖かめな感じはジュラでも少し南のワインなんだろうなと。 ジュリアンラベコートドジュラ ルージュピノノワール ナチュール レヴァロン2013 激安大特価,本物保証

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 2019新款

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。 ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 2019新款

ヴァンサントリコVdTシャルドネ Escargot 2013 低価,正規品

●2013年のエスカルゴットは・・・?2012年物は果実味たっぷりな比較的濃いめの味わいでしたが、2013年は幾分軽めなのかな?と言う予想ですが・・・取り敢えず試飲完了まで暫くお待ちを。  2012年物のコメントです・・・ ●こちらもV.D.Q.S.コート・ド・オーヴェルニュが無くてVdTのシャルドネ、2012年物です。デジレと同じ畑のシャルドネを使い、225Lの5年樽で11ヶ月の熟成後瓶詰めされたもの。シャルドネなんですけど、何と無くもっと優しい・・・ユニ・ブランとかピノ・ブラン的な味わいです。でも、その優しさと反対の力強さを持っている・・・トロワボンノム同様に2012年は厚みがあります。幾分クラシックに作られていますが桃の花と実を同時に楽しめるような・・・そんな楽しさがいっぱい。    2006年物のコメントです。 ●あ~ビックリした。これって金井さんところとか小林さんところとかの「甲州」じゃないですか~!トリコのシャルドネ、初めて飲んだんですがかなりシャープでナイスでクール、です。甲州みたいなグリな苦味ではなく、もっと洗練されてはいますが、飲んでいてブルブル鳥肌立ってきます。だって美味しいんだもん!久しぶりに「!:ビックリマーク」連発ワインですね・・・・。広い丘陵地帯、遠くに高い山を見晴らし、空高くに鳶がくるりと輪を描いた、と。ラベルの景色が目に浮かびます。 ●ナント言ってもこの美味しさの魅力はスムーズ感、上のピノ・ノワールと共にサクサク飲んで共に三分の一ぐらいしか残っておりませんが、そのくらいのおいしさ。昆布締めの甘鯛がつまみにあればな~とプルプルしています。 ●なんでしょうか、alarのところでは『本来シャルドネは非常にニュートラルな味わい』と申しあげておりますが、そのニュートラルなところでフルに葡萄の力を解放している、そんな感じの作りですね・・。岸平さんのところの『ピュア・シャルドネ』にもにているかな・・・・。昔のウイスキーのコピーじゃないけれど「何も足さない、何も引かない」ピュアなワインの味わいです。(2008.01.23 いのまた) ヴァンサントリコVdTシャルドネ Escargot 2013 低価,正規品

ドメーヌグランキュルレ ジャン=マルクブリニョ マルク Marc AOCアルボワ トゥルソー プルサール 2004 新作入荷,大得価

●澱の混じった鈍く光るガーネット。エッジにはカッパーの色合いもちらほら。過熟なラズベリーやフランボワーズ。かつて還元的であった痕跡。落ち着きを取り戻し彩りとなる揮発産。ワイルドな鞣し皮のニュアンス。かつては決してスマートでは無い、汗臭さい、泥臭さい、生々恣意逞しさを持ったワインも、年月により研かれている。余分な要素を自らが拡散する事により取り込んで成長していく。同時によりシェイプアップされたボディへと・・。ジムで鍛えた作り物でなくて、毎日の仕事の中で鍛えられた・・見方を変えると、欠点というのは長い間に美点となる。 ●当然のことながら、オヴェルノワでもなくボールナールでもなく・・・・ブリニュ独特の世界観。葡萄に対してのある種の恐れを感じつつ、神経を集中させていく。おそらくそれはある意味たのしくない作業かもしれない。疲れちゃうんだろうな。その反動がその後に出ちゃったのかな?そしてこのワインが飲み頃を迎えたことと、ブリニョ自身が活動を再開した事・・・ようやく自分で作りたかったワインができた、ワインを思い出した・・・と、想像してみる。 ●トップの果実味は急激に拡散し、持続性はない。ともするとフェノレに近い負の香り・・・それでも魅力を隠せない葡萄の力、土地の力。口の中を通り抜けのど元に働きかけるようなストレートな味わい。唯一欠陥をあげるとすると・・・戻りの香り。混沌の痕跡。これを逆手に取れば・・・牛肉の網焼きに金山寺味噌とか、牛肉とニンニクの芽炒めにオイスターソースとか・・・「旨味」を凝縮させたところの味わいに合うのだろうか? ●たとえて言うなら・・ちょっとマイブームの炒り酒・・日本酒と梅干しと鰹だしを煮詰めて・・。果実味よりも旨味の集合。(2010.12.11 いのまた) ●こちらも心配なので,2日目も・・。やっぱり『安心感』はプレファスよりもこちらの『キュヴェ・マルク』の方があるね。トゥルソーが入ってる分だけタンニン系が効いているのかな?古いモルゴンの古酒に、少しグルナッシュ入れてみましたな感じ。やっぱり基本は薄切りの牛さんのお肉ですね。還元臭も落ち着いたところで・・・朴葉味噌なんて感じかな?贅沢言うなら「これだいじょぶ?」な金華ハムとかが素敵だと思う。(2010.12.12 いのまた) ●プルサール95%、トルソー5%。灰色を帯びた泥灰土に砂利が混ざった土壌。プルサールの間に少しトルソーが混じって植えられている区画。収穫した果実を100%除梗した後、ファイバータンクで2ヶ月間マセラシオンしてからプレス。SO2無し濾過無し。2005年9月に瓶詰め。プルサールの野性味とトルソーの黒こしょうのようなスパイシーさが現われている。 ●お届けするのは写真下の新しいラベルの物となります。 ドメーヌグランキュルレ ジャン=マルクブリニョ マルク Marc AOCアルボワ トゥルソー プルサール 2004 新作入荷,大得価

ジュリアンメイエーアルザス リースリング 2007 限定SALE,本物保証

●え~、レギュラーなリースリングです。2007年物入荷しました(写真は05のままですが・・・)まだあんまりペトロールな香りは出ていません。アップル+シトロンな香り。パ~ンとしたミネラル感、感じますね。ちょっとマッチを擦ったときのような・・・でも決して還元的状態での硫化水素のニュアンスじゃないよ。むしろ心地よい、ある種のお香的エキゾチシズム。 ●飲んでみると・・ちょっと主張がよわいかもしれませんが、優しいバランスで全体が成り立っている。こう、梅干し的なかおりもあるんですね。・・・ここで下の2005年のコメント読むと、やはりこの2007年と同じようなこと書いてある。「リースリングとしての主張が弱い」と・・・・。さらに油淋鶏辺りを当てていますが・・・もっと軽く、この2007年は蒸し鶏と甘酢辺りかな?マッチを擦った様、で皮蛋が添えられているとさらに微妙な落ち着きを見せる展開・・・フランス人来たら食べさせてみた~い! ●和食だと、どうなんでしょうか?果実味の強さが仇になる。……紅葉おろしでてっちり、そこまでいっちゃうかな?ま、鶏鍋辺りでもなんとかOK。でもこの場合もポン酢と紅葉おろしがポイント。・・・上品なジビエ、白い肉・・・なんだろう?カエルか?カエルはジビエ?一応フランス料理のコースだと「サカナ」になるらしい・・・そうだ、中華風のハタの蒸し物・・・イイかもね・・・香港……横浜中華街・・・でも良いから行きたいな・・・・と思いつつ、貝柱のお粥もイイかも、でもここでポイントは苦手な人の多いパクチー=香菜、を散らして・・・。ま、リースリングなのに何となくニュートラルな味わいを活かしつつ、それでもやっぱりリースリングな味わいをお楽しみ下さい。(2009.09.03 いのまた)  2005年物のコメントです。 ●こちらも新井さんところのKさんのコメントを・・・   「美しいんです。「私はリースリングです!」と言うような強い主張などせずに、穏やかで優しい香りを漂わせます。香水のつけ方を知っている理性溢れる女性という感じです。ところが、口に含むとボリューム感があり、舌の上にドッシリと腰を落とします。だけど雑な味わいなど一つもなく、やっぱり美しいんです。香りと味わいのバランスの意外性に、驚かされました」・・・・・さすが元ライター!ワインの美味しさが的確に伝わってきますね。これは見習わなくては・・・? ●香りは確かに控え目、あるいは軽い。よくあるリースリングの揮発油系の香りもかなり軽い、そして果実味が巧く絡まっている。さらには飲んで芯の旨味が豊か。飲むと言うより噛みしめる。噛みしめれば噛みしめるほど・・・旨味が持続する。派手さが無い分だけ飲む側も落ち着いて楽しめる・・・あ~、これは油淋鶏の世界が広がる・・・前菜の蒸し鶏は「ナチュレ」の守備範囲ですが油淋鶏はこのくらい無いとね・・・。なるほどパトリックのワイン、こうしてあらためて飲むと「バランス」を重視しているね。この辺りはやはり意識しているのでしょうか?意識しているとすれば、どんなテクニックを「使う」のか。次回はこの辺りを根掘り葉掘り聞いてみよ・・・。 ●時間が経てばさらに味わいは纏まりを深めます。スケール感こそ今一歩ですが、メイエーのグラン・クリュクラスの系譜はしっかりと携えている。あまり冷やさずに、そしてゆっくりと・・・がオススメですかね。勿論キッシュとかにも合いますよ~(2008.03.26 いのまた) ●お腹もすいてきたところなので、何となくコメントが定まりませんが、食べたいものは,中華風のお粥!ホタテのトロリとした餡を掛けてね。トッピングは春巻きの皮を素揚げしたようなコーンフレークみたいなの。おかずにはチャーシューのクレープ巻きを蒸したのかな? ●やっぱりアルザスと中華の相性はかなりイイですね。(これが結論か? 2008.03.27 いのまた) 2003年の春の試飲会でこちらのワインを幾つか試飲させていただきました。その感想は「まさに驚くべきワイン達」どのワインも飲んでワクワクする美味しさがあります。アルザス本来の力強さに加え、エレガントでのびのびとした生命力が感じられます。これはオススメと言うことで、順々にご紹介してきたいと思っています。 では例によって、このワインをご紹介いただいた新井さんの、熱のこもったドメーヌのご案内です。 アルザス地方の首都ストラスブルグより南コルマール方向に下った所にノータンテールという村があります。何とワイン通り(Route du Vin)という素敵な住所なので、訪問する前からワクワクです。だって知る人ぞ知る‘ジュリアン・メイエー’はビオディナミ実践者の間では有名にも拘らず、雑誌などの媒体が嫌いで、一切マスコミに出ていない醸造家なのです。勿論、今、信憑性の高いClassementにも出ていません。レベルからすると当然出てもおかしくないほど偉大な醸造家なのですが、サンプルを送らないから出ないのは当然です。例えばプリウレ・ロックが出ていないのと一緒で、宣伝する必要のない造り主は、サンプルを送る必要もないのです。  その幻の醸造家、噂にはかなり気難しい人と聞いておりました。久しぶりに緊張した訪問です。でも会ってみるとそんな噂とはかけ離れて、学者肌の素晴らしいインテリ醸造家。バイオダイナミックの実践者で理論ばかり先行しがちに見える昨今、彼の実践の伴った理論には驚かされっぱなしです。勿論、彼の作ったワインは素晴らしいの一言です。彼の所には有名ソムリエや有名レストラン、ワイン評論家が沢山コンタクトを取ってくるらしいのです。でもサンプルワインは送りません。そして会っていない人へのワイン販売は一切行っていないのです。普通は喜んで送るのがほとんどです。でも彼はここに直接訪問してくれた人には喜んで自分のワインを紹介するけれど、郵送で送ったりは絶対にしないそうです。言われてみると正統派な意見ですが、それは理想であって、なかなか実践出来ないのが現状です。でもそれを頑なに行い続けているポリシーの持ち主、ですから噂に尾ひれが付いて、神秘的な存在にさえなってしまうのですが、実際はオープンで職人気質の方であります。  1705年から存在する歴史ある造り主で、もともとほとんどBIOの農法でした。彼の代に1990年から完全無農薬(ビオロジック)に切り替え、1999年から100%ビオディナミ農法にしました。一見優等生に見える彼も、学生の頃は勉強しない悪い生徒だったけれど、沢山のワインを飲んでいるうちに自分の中のワイン作りに目覚めたと語っておりました。7歳・10歳・13歳の女の子と奥様の5人家族。アメリカにも輸出されロバート・パーカーも高い評価を下しております。彼から教わった事は沢山あり過ぎるのですが、素晴らしい名言の中の1つ「土を醸造家が借りている」と言っておりました。大きな自然界の中で、今、この瞬間「借りさせて頂いている、だからいいかげんな仕事をしてはいけない」そうです。 私の尊敬する醸造家が叉1人増えました。パトリック・メイエー氏です。(お父様の名前がジュリアン氏) ジュリアン・メイエーの作る「クレマン・ダルザス1998ブリュット『0』はこちらでご紹介しています ジュリアンメイエーアルザス リースリング 2007 限定SALE,本物保証

クリスチャンビネールピノノワール ノンフィルトレ2008 数量限定,人気

●ビネール、毎年同じワインを仕込むのではなく、その年のコンディションを見ながらワインを仕込んでいく・・。このワインはビネールのピノ・ノワールとしては「カジュアル指向」なのですが、1996年に初めて作られそれ以降2001年、2004年、2005年そしてこの2008年と5回しか作られていない「幻?のカジュアル・ピノ」なんですね。・・・その通りにまずはコストパフォーマンスが高い。かといって決して濃いめの強い味わいではなく、ピノの優しさと奥行きを併せ持った「楽しめる」ワインになっています。 と言う事で、まだ2008年物の試飲コメントできていないのですが・・・少し前のヴィンテージのコメントでゴメンナサイ↓ ●で、どの程度カジュアルかというと・・・色が薄い、かと言って香りは実にフルーティ且つフローラリー!。コレはちょっとジュリアン・メイエー路線ではありませんか。飲んでみると、実はジュリアン・メイエーよりはずっと薄くてフラットな味わいですが、綺麗なシルエットを持っている。カジュアルと言うことで、すぐに飲んでしまった方がよいのでは?とも思いますが・・・イヤイヤ、あと1年ぐらいはしっかりと放っぽっておいた方が良さそうな感じですね。きちんとした旨味がともなってきますよ~。96年物について、おそらく2000年頃入荷で「早めに飲みましょう」とコメントしてますが、まだそこまで言っていないな~。今飲むならば、薄ぅ~く切ったチャーシューなどをおつまみにしたいかな? ●ブルゴーニュで言えば系統は「新ブルゴーニュ?」造り手でたとえるならばシャトー・ド・ショレーとかオーディフレッド的な綺麗な酸味(とりあえず2004年に限るけど)で、実に上質なまとめ方をしています。ある意味、ピノ・ノワールに求めたい味わい(個人的ですが)をしっかりと具現化しているのかな?・・・ふと、香醋を効かせた「蒸し餃子」食べたくなる早春の夜、でした。(2007.03.17 いのまた) ●で、例によっての2日目ですが・・・ジュリアン・メイエーにも似たシロップ調のピノが出ています。酸が幾分落ち着いてきたからなのかな?この辺りブルゴーニュの酸を中心に物語りが綴られるスタイルと違うんだよな・・・。ブルゴーニュ以上に太陽の光や土のミネラル感じるんですね、このクラスでも。この辺りはやはり「ビネール!」という処なんでしょうか?ふと、彼のワインに絵画的広がりなどを感じちゃっています。(2007.03.18 いのまた)  この2001年物のコメントです。ちょっとキュヴェの名前が異なりますが(ラベルにJ'ai comme p"tite Soifと書いてありました)・・・↓ ●1996年以来久しぶりに作られたビネールのピノ・ノワールです。例によってSO2少なめですが、今回はさらに「ノン・フィルター」の文字がラベルに加わりました。(・・・・これだけかい!)  何気に、その最初の年の1996年物も扱っています。そのコメントです↓ ●アルザスというとどうしても白ワインのイメージが強く、このビネールもまたその例外ではありません。しかし今回ご紹介するワインはピノ・ノワール。元々は個人消費用と醸造の勉強用にと作られたワインですが、今回縁あって日本での販売となりました。実はこの96年が彼らが始めた手がけた赤ワイン。そのまじめな手探りで作り上げた思いを感じていただければ、うれしいですね。 ●これは美味しいです。かなり寝ていますしアルザスのピノでもあるので、最初のころの瑞々しい果実味こそ残っていませんが、その痕跡を辿るようにしみ出てくるクリーンで複雑な酸の多重湊が楽しめます。立ち返ってその香りには梅やバラ、塩漬けの桜、紅茶、乾燥した落ち葉の軽いブーケにとみ、時間とともにその密度はましてきます。タンニンがしっかりと落ち付いているのが良いのかな?作り手の前向きさと時間によって作られた「結晶」の一つですね。 ●以前ご紹介させていただいたジュリアン・メイエーのピノとはやはりスタイルが異なります。こちらの方がクリーンかな?でも、お飲みになるのはお早めに。そろそろ限界と言う感じもしますね。1日ないし2日で飲みきってしまう方がいいでしょう。でまた、飲みきれるワインです。 クリスチャンビネールピノノワール ノンフィルトレ2008 数量限定,人気

ジュリアンメイエーリースリング ミュエンシュベルクアルザス Gurand Cru 2002 最新作,お得

●バランスの良い2001年から、さらにブドウに糖度がのってアルコール度数13.65度。新井さんが「彼の辛口の中では最高傑作」と言う一本です。 ●新井さんの言うとおり、最高傑作にかなり近い出来ですが、じっくりと2~3年まって下さい。待つだけの価値はありますが、待たないと、「それなりのリースリング」で終わってしまいそう。現在では唯々パワーに飲み手も振り回されます。そんなワインですので、お気をつけ下さい。(2005.12.15 いのまた) 2003年の春の試飲会でこちらのワインを幾つか試飲させていただきました。その感想は「まさに驚くべきワイン達」どのワインも飲んでワクワクする美味しさがあります。アルザス本来の力強さに加え、エレガントでのびのびとした生命力が感じられます。これはオススメと言うことで、順々にご紹介してきたいと思っています。 では例によって、このワインをご紹介いただいた新井さんの、熱のこもったドメーヌのご案内です。 アルザス地方の首都ストラスブルグより南コルマール方向に下った所にノータンテールという村があります。何とワイン通り(Route du Vin)という素敵な住所なので、訪問する前からワクワクです。だって知る人ぞ知る‘ジュリアン・メイエー’はビオディナミ実践者の間では有名にも拘らず、雑誌などの媒体が嫌いで、一切マスコミに出ていない醸造家なのです。勿論、今、信憑性の高いClassementにも出ていません。レベルからすると当然出てもおかしくないほど偉大な醸造家なのですが、サンプルを送らないから出ないのは当然です。例えばプリウレ・ロックが出ていないのと一緒で、宣伝する必要のない造り主は、サンプルを送る必要もないのです。  その幻の醸造家、噂にはかなり気難しい人と聞いておりました。久しぶりに緊張した訪問です。でも会ってみるとそんな噂とはかけ離れて、学者肌の素晴らしいインテリ醸造家。バイオダイナミックの実践者で理論ばかり先行しがちに見える昨今、彼の実践の伴った理論には驚かされっぱなしです。勿論、彼の作ったワインは素晴らしいの一言です。彼の所には有名ソムリエや有名レストラン、ワイン評論家が沢山コンタクトを取ってくるらしいのです。でもサンプルワインは送りません。そして会っていない人へのワイン販売は一切行っていないのです。普通は喜んで送るのがほとんどです。でも彼はここに直接訪問してくれた人には喜んで自分のワインを紹介するけれど、郵送で送ったりは絶対にしないそうです。言われてみると正統派な意見ですが、それは理想であって、なかなか実践出来ないのが現状です。でもそれを頑なに行い続けているポリシーの持ち主、ですから噂に尾ひれが付いて、神秘的な存在にさえなってしまうのですが、実際はオープンで職人気質の方であります。  1705年から存在する歴史ある造り主で、もともとほとんどBIOの農法でした。彼の代に1990年から完全無農薬(ビオロジック)に切り替え、1999年から100%ビオディナミ農法にしました。一見優等生に見える彼も、学生の頃は勉強しない悪い生徒だったけれど、沢山のワインを飲んでいるうちに自分の中のワイン作りに目覚めたと語っておりました。7歳・10歳・13歳の女の子と奥様の5人家族。アメリカにも輸出されロバート・パーカーも高い評価を下しております。彼から教わった事は沢山あり過ぎるのですが、素晴らしい名言の中の1つ「土を醸造家が借りている」と言っておりました。大きな自然界の中で、今、この瞬間「借りさせて頂いている、だからいいかげんな仕事をしてはいけない」そうです。 私の尊敬する醸造家が叉1人増えました。パトリック・メイエー氏です。(お父様の名前がジュリアン氏) ジュリアン・メイエーの作る「クレマン・ダルザス1998ブリュット『0』はこちらでご紹介しています ジュリアンメイエーリースリング ミュエンシュベルクアルザス Gurand Cru 2002 最新作,お得

ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 本物保証,定番人気

●06のプルサール、しっかりと寝かせたけれど、やっぱり07の方が仕上がりが早い、と言うことでまだ飲んでいません・・・・。来年になったら飲んでみよ。 ピエール・オヴェルノワアルボワ・プピヤン プルサール 2006 本物保証,定番人気